12月 4, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は春頃の四半期開示要件に関する報告書をまとめる

保護フェイスマスクを着用した鈴木俊一財務相は、2021年12月6日、日本の東京で、コロナウイルス病(COVID-19)の大流行の中で、議会の下院の臨時会合の開始時に彼の政策演説を行います。加藤一世

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

東京、1月28日(ロイター)-四半期ごとの企業開示要件の必要性を検討することを任務とする日本政府のパネルは、今春、要約報告書を作成することを目指している、と鈴木俊一財務相は金曜日に述べた。

日本の岸田文雄首相は、「新資本主義」を構築するという公約の一環として、企業の四半期ごとの開示要件を緩和したいと考えていますが、実施には何年もかかると予想され、彼の重要な約束の1つの見通しが複雑になります。

2008年には、日本のルールを米国のルールに合わせるために四半期ごとの開示が義務付けられ、東京市場の海外投資家へのアピールが促進されました。

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

レポートの要約は、より詳細に議論する必要があるかもしれないポイントを示し、金融庁(FSA)によって監督されているパネルでの四半期ごとの開示要件に関するより深い議論の舞台を設定します。

鈴木首相は閣議後、記者団に対し、「四半期開示の見直しについては慎重に検討すべきだ」と述べた。

「岸田文雄政権の新資本主義(計画)の下では、企業は短期的な収益性よりも長期的な成長を重視し、株主だけでなく労働者などのさまざまな利害関係者の利益を管理することが重要だと考える」と鈴木氏は語った。言った。

政府当局者は昨年10月にロイター通信に対し、政府が四半期開示要件を変更する法案を議会に提出できる最も早い時期は2023年であり、新しい規則を適用できる最も早い時期は2024年であると語った。 続きを読む

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

ダニエル・ロイシンクと山口貴也による報告。 キム・チャンランとケネス・マクスウェルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターの信頼の原則。

READ  重要な特許を秘密にするために日本企業に報酬を支払わなければならない-日経