9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は症例が増えるにつれて拡大し、コロナウイルスは緊急事態を拡大します

日本政府は、コロナウイルスの緊急事態は当初の計画どおり今月後半に終了するのではなく、9月12日まで継続することを決定しました。

ウイルスが国内に広がり続ける中、非常事態宣言は東京、大阪、沖縄、そして7月に始まった3つの地域に拡大されます。

アウンサンスーチー首相は、他の閣僚と会談した後、「エピデミックの増加は危険なピークに達しつつある」と述べた。

結果は火曜日に公式になるとスカ氏は述べ、病院でのケアの拡大が優先事項であり、自宅で病床を待っている人々は電話で検査されていると付け加えた。

Center for Emergency Situationsによると、レストランや酒屋は午後8時に閉店し、アルコールは提供しないでください。 それらは、京都、兵子、福岡を含むさらに多くの州に拡大されます。これらの州は現在、あまり注意を払わずに「半緊急」です。

東京での先週のほとんどの日、新しい症例は多くの地域で過去最高に達しています。

地方の市長と知事は、より広範な緊急事態を宣言し、人々が去ることを奨励するために強力なメッセージを送るように国に促しました。

全国的には、人口の3分の1だけが完全にワクチン接種されており、感染性のデルタ変異体が広がっています。 日本のワクチンのリリースは遅れて始まり、先進国ではゆっくりとしたペースで続いています。

批評家は、政府がCOVID-19患者を収容するために病院を準備するのに十分なことをしていないと言います。

保健省によると、重病の人の数は現在、全国で1,603人に増加しています。

調査とインタビューによると、政府がオリンピックとパラリンピックの開催を申し出た後、国民の不満が蔓延し、何万人ものアスリート、スポンサー、スポーツ関係者が入国できるようになりました。 イベントには何千人もの医療スタッフが必要であり、アスリートには大規模なウイルス検査が無料で提供されます。

———

掛山ゆりはツイッターhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  日本の味は拒絶された:中国の「リトル京都」は操業を停止する