2月 27, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は米国から長距離ミサイル400発を購入する契約に署名した

日本は米国から長距離ミサイル400発を購入する契約に署名した

日本は木曜日、地域の安全保障の脅威に対抗するため軍事力を強化する中、長距離トマホークミサイル400発を購入する同盟国である米国との協定に署名した。

中国の軍事的影響力の増大と核武装した北朝鮮に直面し、日本政府は2027年までに防衛費をNATO基準のGDP比2%まで倍増する計画だ。

米政府は11月、射程1600キロ(995マイル)の2種類のトマホークを最大23億5000万ドルで売却することを承認した。

「この署名の締結により、トマホークミサイルの調達が開始される」と国防当局者は木曜日、東京での協定署名後記者団に語った。

「(防衛)予算をより適切に執行することで、防衛力を包括的に強化する」と述べた。

広告 – スクロールして続行してください

日本は4月に始まる来年度の560億ドルの国防予算を承認した。

日本には戦後の平和憲法があり、軍事力は防衛作戦に限定されている。

しかし、昨年主要な防衛・安全保障政策を更新した際、日本政府は中国がもたらす挑戦について公然と概説した。

広告 – スクロールして続行してください

ラーム・エマニュエル米国大使は同日の記者会見で、日本の新たな防衛力を称賛した。

「侵略者がますます好戦的になる中、日本は侵略のコストを引き上げることで平和と繁栄を維持するために動員する国々の最前線に立っている」と述べた。

日本政府は先月、日本でライセンスに基づいて製造されたパトリオット・ミサイルを米国に販売することを認める武器輸出規制を緩和した。米国は、ウクライナに兵器システムを送った後、備蓄を補充しようとしている。

hih-kaf/stu/smw

READ  タントラムのないFRBのテーパーがシェアを過去最高に引き上げ、BoEがヨーロッパを襲う