5月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は観光客の大群が神聖な富士山を冒涜していると主張

日本は観光客の大群が神聖な富士山を冒涜していると主張

藤志田、日本、9月9日(ロイター) – 灰色の雨の土曜日、観光バスが続々と日本の富士山の麓駅に到着し、数十人の薄着の外国人観光客を乗せて土産物店やレストランの前を通り過ぎた。

日本人が神聖なものとして崇めている標高 3,776 メートル (12,388 フィート) の山の下にあるこの山は、ほとんどの日本人が期待する崇拝ではなく、テーマパークのイメージを呼び起こします。

「おい、ここではタバコを吸わないでくれ!」 神社の入り口を示す赤い「鳥居」の前でビールの缶を持ったショートパンツ姿の男性を指差し、土産物店のウェイトレスに吠えた。

東日本の山梨県と静岡県にまたがる富士山は、国内外の観光客に常に人気があります。

しかし、最近の日本への観光客の急増により、極度の汚染やその他のひずみが生じており、観光客のみが山にアクセスできるようにするために訪問者数を制限するなどの抜本的な措置を余儀なくされている、と当局者は述べている。 – 構造化された路面電車システム。

「富士山は本当の危機に直面している」と山梨県職員の泉正武氏は土曜日、外国メディア向けの視察中に記者団に語り、登山道は今週末に年内いっぱい閉鎖されると付け加えた。

「それは管理不可能であり、富士山がすぐにあまりに魅力的でなくなり、誰も登山したがらなくなるのではないかと私たちは懸念しています」と彼は語った。

富士山は10年前にユネスコの世界遺産に登録され、その人気はさらに高まりました。 しかし、この区別には、日本が過密状態を緩和し、観光客による環境破壊や人工景観の修復、観光客を収容するために建設された大規模駐車場などの条件が伴った。

ただし、混雑しています。 5番目で最大の基地局「スバル」の今夏の来場者数は約400万人で、2013年比50%増加した。

清掃員や企業、ボランティアによる猛烈なペースでの清掃にもかかわらず、ソーシャルメディアは汚れたトイレや登山道沿いのゴミの山に関する投稿で溢れている。

泉さんは、世界遺産委員会に助言を提供する国際記念物遺跡会議(イコモス)が、いつでもノックをして最新情報を求めてくるかもしれないと懸念している。

当局者らは、登山者が日の出を待って日本最高峰に登り、その日のうちに下山しようとする「弾丸登山」も頭痛の種となっていると述べている。

静岡県警によると、今年の救助要請は計61件で昨年より50%増え、外国人観光客が4分の1を占めた。 当局者によると、大半は装備が整っておらず、低体温症や高山病に苦しんでいたという。 山梨県警には比較可能なデータがない。

地元の関係者は、制限は避けられないかもしれないと述べた。

観光客の柴崎淳さん(62)は「日本人なら誰でも一生に一度は富士山に登りたいと思うだろう」と語った。 「しかし、混雑しすぎています。アクセスが制限されていることは、私たちが我慢しなければならないことかもしれません。」

取材:勝村真理子、文:キム・サンロン編集:マイケル・ペリー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  デジタルバンキングに関する北アジア地域ガイド: 日本