7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は長年削減されてきた防衛部門の見直しを目指している

日本は長年削減されてきた防衛部門の見直しを目指している

グローバル、ペンタゴン

日本は長年削減されてきた防衛部門の見直しを目指している

2024年4月10日水曜日、米国ワシントンD.C.のホワイトハウス東室で公式晩餐会に出席したジョー・バイデン米国大統領と日本の岸田文雄首相。 写真家:ユーリ・クリバス/アパカ/ブルームバーグ、ゲッティイメージズ経由

東京 — 労働力の高齢化、サプライチェーンの揺らぎ、防衛産業基盤の縮小に直面し、日本は防衛部門を活性化し、同部門への新規参入者を誘致するための措置を講じていると、日本の防衛庁の代表者がブレイキング・ディフェンスに語った。

2023年6月、日本の国会は「防衛生産・技術基盤整備法」と呼ばれる画期的な法律を可決した。この法律は、日本の兵器製造業者とそのサプライチェーンに資金を流入させるための新たなメカニズムを創設することによって日本の防衛産業基盤を活性化するものだ。 。

10月の同法施行以来、日本は問題を抱えた供給業者と約100億ドル、つまり約6,400万ドルの契約を結んだと防衛省の中辻良太装備政策首席調整官は述べた。 東京の国防省本部でのインタビュー中。

この法律が可決されるまで、日本の国防省は元請け業者とのみ契約することが制限されており、そのためサプライチェーンの見通しが悪く、問題のあるサプライヤーへの対応が困難だったと中辻氏は述べた。 新しい政策の下で、同省は元請け業者や、サイバーセキュリティや生産性向上プロジェクトのために国防省に提案を提出するサプライチェーンの奥深くにある企業に資金を提供できるようになる。

例えば、中辻氏は、企業は「一部の部品を海外からの輸入から現地生産に切り替える」ことで「サプライチェーンの回復力を高める」ことで利益を得ることができ、これにより日本企業の観点からリスクが軽減されると述べた。

同氏は「多くの企業が生産性向上のため、新たな生産ラインの導入計画を提出している」と述べた。 「以前はサプライヤーや大手防衛請負業者ですらサプライヤーとの問題を解決する方法がなかったため、多くの人がこれに満足しています。」

新政策のもう一つの重要な特徴は、日本の国防省がインフレ調整を契約に組み込むことを認めていることだと中辻氏は述べた。 5%から10%の利益率をもたらすことで、防衛要員にコスト、スケジュール、またはパフォーマンスの目標を達成するよう財政的に奨励し、一部の企業が防衛部門から撤退する原因となった日本企業の長年の懸念に対処する。

過去20年間で、100社以上の日本の大企業が防衛分野から撤退または撤退した。 利益率が低いと、技術開発コストを上回ることができない場合があります。 国際教育、 書きました 今年5月の新聞で。

企業が防衛分野から撤退するもう一つの理由は、日本政府が過去10年間に海外技術買収への支出を増やし、それによって国内産業を制限してきたことだ、とスティムソンセンター日本プログラムディレクターの巽勇樹氏は述べた。

三菱重工業や川崎重工業などの日本の大手防衛企業にとって、防衛契約は会社全体の収益のほんの一部であり、それは非常に商業的なものであると辰巳氏は述べた。 しかし、これらの事業売却により日本の防衛大手企業は安心し、防衛契約の収入減少による財政不安をある程度乗り切ることができた一方で、二次、三次供給業者は防衛予算の変動をより敏感に感じている。

「日本の防衛産業全体が、二次、三次のサプライヤーを空にすることで本当に苦しんでいる」と同氏は語った。 「説明してみます [the Japanese defense industrial base] とても貧しく、とても脆弱です。 放っておいたら、長くは続かなかったと思います。

辰巳氏は、新政策は「間違いなく効果があるだろう」と述べ、そのような改革に最適な時期は2000年から2010年の間で、当時は日本がまだ世界第2位の経済大国であり、戦略的展望もそれほど不安定ではなかったと付け加えた。

しかし、日本の防衛省には、二次および三次サプライヤーを防衛産業に引き戻す新たな機会があるかもしれない、と同氏は付け加えた。 4月に日本の岸田文雄首相がホワイトハウスを訪問した際、ワシントンと東京は、日米が武器生産で協力する機会を評価する新たな「防衛産業協力、調達、安定」(DICAS)を発表した。 船舶や航空機の安定性。 月曜日に閉幕した最初のDICAS協議では、日米の防衛当局者と両国の民間企業との間で協議が行われた。 ジャパンタイムズ

日本がこうした共同制作や共同ロケーションの機会を活用できれば、サプライヤーを防衛計画に戻すために必要な需要シグナルを生み出すことができるだろうと辰巳氏は述べた。

「ここで国防省はこれらの企業のインフラにある程度の投資を行うことができる。 [production lines]、” 彼女は言いました。 “彼らです [policies] 第二層や第三層の企業に戻ってもらいたいときに非常に役立ちます。」

悪い名前

日本の防衛産業基盤の縮小だけが問題ではない。 他の課題は、米国および他の国々による防衛部門の近代化への取り組みを反映しています。

米国と同様、日本の製造業も労働問題に悩まされている。熟練したブルーカラー労働者の世代がパンデミック中に退職、またはすでに労働力を離れており、企業には小規模で経験の浅い従業員が残っている。 日本では人口の急速な高齢化によって課題がさらに悪化しているため、防衛部門は「いつかは労働力不足と闘わなければならないだろう」と辰巳氏は述べた。

同時に、人工知能、ロボティクス、デジタルツインなどのテクノロジー(ビジネス界のトップテクノロジー企業では一般的)は、多くのセキュリティ製品の製造にまだ完全に統合されていません。

「そのため、より効率的な機械や生産ラインなどを導入することが非常に重要です。あるいは、AI や何らかの新しいテクノロジーに依存する必要があるかもしれません。」と中辻氏は述べました。スタートアップを含む防衛産業への新規参入者について。」

日本の日経新聞社の報道によると、日本の防衛省は2023年6月に約200社の新興企業と面会し、防衛プロジェクトへの取り組みを奨励した。 報告 後。

しかし中辻氏は、日本の防衛省の新興企業への関与は初期段階にあり、政府は日本の防衛費の増大や世界の防衛問題への関与拡大に反対する顧客を遠ざけることを懸念する営利事業主の懸念に対処しなければならないと警告した。

「スタートアップに限ったことではないが、一般的に民間企業が日本でセキュリティ事業を行うことは、評判の面でリスクを伴うことがある」と同氏は語った。

READ  無印良品の日本の「福コン」は2024年も期待を裏切らないのか? – SoraNews24 -日本のニュース-