8月 20, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2月末まで厳格な国境管理を維持することが期待されています

東京、1月11日(ロイター)-日本は2月末までコロナウイルスのオミグロン変異体の拡散に対する厳しい入国制限を維持するが、人道上の理由からいくつかの例外が考慮されるかもしれないと首相は火曜日に述べた。

オミクロンの亜種が昨年末に登場したとき、日本は世界の厳格な国境管理のいくつかを採用し、例外を除くすべての日本人、および日本人または永住者の外国人家族への新規参入を禁じました。

「G7諸国の厳格な国境規則のおかげで、オミクロンの拡散は最小限に抑えられ、国内の流行に対処する時間を与えてくれました」と岸田は記者団に語った。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

「私たちは、人道的および国益について必要な視点をとるために必要な場合、2月末まで現在の措置の枠組みを維持します。」

許可された人のほとんど(主に日本人とそこに住む外国人)は、法律により、自宅隔離後最大6日間はホテルを厳重に隔離することが義務付けられています。

メディアは火曜日に、この動きが抗議、特に家族の分裂を減らすための変更を求める請願運動を引き起こし、政府が例外的な場合にいくつかの規則を緩和することを検討していると報じた。

岸田文雄は、オミグランの亜種についてはほとんど知られていないが、深刻な出来事のリスクは低いと述べた。 12歳未満の子供はワクチン接種を受けるだろうと彼は言った。

電子商取引会社ラグタンの創設者兼最高経営責任者であるミキンダニヒロシ氏は、調査によると、ほとんどの日本人が国境管理を支持していることを示しており、日本経済の緩和を求めた。

「特に、新規外国人の入国禁止とホテル隔離システムは再考されるべきである」と、日本の流行への対処に長い間批判的だったミキンダニはツイッターで言った。

「コロナは世​​界中にあり、国境は開放されるべきであり、制限は明確に機能していません。必要なのはワクチンと経口薬の使用を優先することだけです」と彼は言い、エントリーの凍結は「信じられないほど無意味です」。

新しいコロナウイルスの症例の増加により、政府は、週末に米軍基地が活動している国の3つの地域に緊急制御を再導入するようになりました。

米軍は、別々の孤立した体制の下で、日本国内外に人員を配置しました。 続きを読む

米国は、流行が他の地域社会に広がる可能性があることを恐れて、軍事基地に抜本的なCOVID-19対策を課すことに同意しました。 続きを読む

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

竹本義文とElaineLiesによる報告。 Aurora Ellis、RobertBrusselによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  今年の夏はどこに行きますか? 日本の水泳スポットトップ10はこちら