11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2021年の短期世界選手権を終了します

日本水泳連盟(JASF)今年のFINAショートコース世界選手権に出場した選手たちは、国全体が大会から排除されることを発表しました。

COVID-19のエピデミック対策の結果、日本は隔離を14日間待たなければならないなど、参加を取り消すことが決定されました。

「現在、正式なチームの代わりに社内トレーニングキャンプを検討していますが、詳細はまだ確定していません」と彼は言いました。 JASF 今日、10月23日土曜日。

日本は、3年前に中国の杭州で開催されたFINAショートコース世界選手権の2018年版で、総合メダルテーブルで8位に終わりました。 瀬戸の200mバタフライ優勝で世界記録1:48.24の金メダル2個と400mIM1位を含む合計7個のメダルが持ち帰られました。

中国の最高位の女性は、ハンガリーのカディンカ払子に次ぐ100mIMで銀メダルを獲得しました。

日本は、2021年のFINAショートコース世界選手権を終了した最初の国ではありません。 オーストラリアは水泳選手の個人的な参加を支持していますが、国全体としては、 公式チームは送られません 旅行制限のためアブダビへ

READ  コルドバのスターショーの背後で、メキシコは日本よりも多くのブロンズを獲得しました