5月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2024年の最初の数週間に300MWの新たな風力発電を導入する

オフショア分野では、Jeraとグリーンパワー投資法人が事業を開始 事業活動112MW 石狩湾新港 ウィンドファーム。 これは 14 台のシーメンス ガメサ 8 MW タービンで構成され、その出力は北海道電力網 (HEPN) に送られます。

海岸では 16 基のタービンで商業運転が開始されました。 68.8MW 芦川北 セクション ユーラスエナジーの風力発電所。 北海道にある東北キャンパスの一部です。 128.8MWの芦川プロジェクトは、合計31基のシーメンスガメサ4.3MWタービンで構成される15基のタービンの南セクションが完成すると、日本最大の洋上風力発電所となる。

ウルスエナジー社も稼働開始 64MW 川西 そして 42MW カポカ 開発。 それぞれ、シーメンス ガメサ 4.3 MW タービン 15 基と GE の 4.2-117 タービン 10 基で、これらも東北複合施設の一部を構成しています。

合計すると、新たに追加された容量により、日本の陸上および洋上での操業は合計 5.6GW に増加しました。

一方、GE Vernova は 1 月に 28 x 3.2-103 を提供すると発表しました。 タービン 欲しい 90MW 阿武隈南 成長と長期的なサービスを提供します。 福島県いわき市と広野町の敷地で90MWのプロジェクトが計画されている。

他の場所では、日本の環境省は王子の緑資源の影響を要請した。 64.5MW 若内竜成山 水生環境と鳥類の計画を徹底的に調査する必要があります。 北海道若内町に建設予定。

READ  中国は「グレーゾーン」作戦の能力を強化していると、日本の防衛省のシンクタンクは言う