6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2040年の新エネルギー計画でLNGのシェアを増やす可能性が高い

日本は2040年の新エネルギー計画でLNGのシェアを増やす可能性が高い

先週東京で開催された業界会議の代表者らによると、日本は将来の電力消費とエネルギー安全保障の重視の高まりにより、今後10年間でLNG発電の需要が増加する兆しを見せているという。

3年ごとの改定は2040年までの燃料目標を定める政府の第7次エネルギー基本戦略に反映される。 政府は現在専門家らと協議中で、2025年3月までに新たな計画を公表する予定だ。 東京都は、2035年までに温室効果ガス排出量を削減するため、新たな国家決定拠出金(NDC)を公表する予定だ。

経済産業省エネルギー資源開発部長の長谷川裕也氏によると、特に新たな原子炉の建設による原子力発電の拡大には限界があるため、ガスとLNGは日本のエネルギーミックスにおいて「重要な役割」を果たすことになるという。 職業。 長期のLNG契約は日本のLNG価格の安定に貢献してきたが、日本は依然としてLNG供給源を多様化する必要がある、と長谷川氏は先週のジャパン・エネルギー・サミットで参加者らに語った。

長谷川氏は、国際エネルギー機関の最近の報告書では、データセンター、人工知能、仮想通貨による電力消費量が2026年までに倍増する可能性があると指摘していると指摘した。

日本の現在のエネルギー戦略では、2030年までに発電に占めるLNGの割合を20%と設定しており、石炭火力発電の19%を若干上回っている。 2021年に発表されたこの計画では、再生可能エネルギーの市場シェアの拡大も予想され、初めて水素/アンモニア目標が導入され、エネルギーミックスにおけるLNGの地位がさらに高まった。 この計画は当初、高齢化や経済成長の停滞、エネルギー効率化対策などの影響で、同国の電力消費量が2030年までに減少するとの前提で策定された。

日本の電力需要が急増

しかし日本は現在、国内投資、企業統治の改善、円安によって経済が復活しつつある。 東京都は補助金や補助金を活用して国内に半導体工場やデータセンターを建設する企業を誘致している。

日本の岸田文雄首相は最近、政府関係者に対し、脱炭素化を加速し国内産業の競争力を向上させるため、2040年までの初の長期産業・脱炭素化政策を策定するよう要請した。 これは岸田首相が昨年立ち上げたグリーン移行(GX)計画に続くもので、エネルギー集約型の半導体工場やデータセンターからの需要の増大に対応するため、2050年までに国内の発電量を2020~30年の水準から35~50%に増やす可能性がある。 実行委員会がこのほど明らかにした。

同グループによると、これは同国にとって過去20年間で初めての電力需要の増加となり、大規模な電力投資が必要となるという。 日本最大の電力会社JERAによると、半導体工場にはガス火力発電所で生成される約1ギガワットの電力が必要だという。

GX Implementation Group によると、日本は現在、米国と中国に次ぐ世界第 3 位のデータセンターです。

電力需要は変動する

エネルギー安全保障は、燃料輸入に大きく依存し、近隣諸国との電力網がない資源に乏しい日本にとって極めて重要である。 昨年、この国はほぼ5か月にわたる長い夏と短い秋を経験したが、異常気象が続けばこのような状態が常態化すると気象学者らは警告している。

その結果、このような変動する電力需要を満たすために、LNG の重要性がますます高まる可能性があります。 JERAのLNG担当シニアバイスプレジデント、西沢仁氏は業界イベントで「需要変動は季節ごとにさらに広がっている」と述べた。 「非常に低い電力需要と高い電力需要の差は過去5年間で拡大しており、将来的にはさらに拡大するでしょう。 そのため長期的なLNG供給を保証することはできません。

太陽光発電と風力発電の短期的な変動は増大しており、不足分はLNGが補っている。 「問題は、LNG がすべての変動を隠すのに正しいのか、それとも別の方法があるのか​​ということです。」 西沢氏は会議参加者らにこう語った。 「これは次期エネルギー計画の重要な議題となるでしょう。」

柔軟性が求められる

このような不確実な需要に応えるには、柔軟な契約が必要です。 日本最大のガス会社である東京ガスは引き続き長期契約に注力しているが、柔軟なオプションがますます重要になっていると同社のLNG事業担当シニアゼネラルマネージャーの矢尾由美子氏は語る。 同氏は出席者に対し、柔軟性を高めるため、スポット調達を増やし、資産の最適化を達成するために、LNG取引デスクも開設したと語った。

西沢氏は、買い手と売り手がこのような需要の不確実性にどう対処するかをよく理解することが重要だと述べた。 「1つの方法は、購入者が自分で配送を手配して、目的地を変更するか、タンクに空きができるまで出荷を待つことです」と彼は言いました。 他の代替案としては、数量の上限と下限を使用して品目を調整したり、目的地を問わない出荷前契約を確保したりすることが含まれます。

中東のサプライヤーが課した目的地制限のため、Jeraは2021年末に期限が切れるカタールの定期契約を更新しないことを選択した。 ゼラは現在、潜在的な取引についてカタール・エナジーと協議中であると西沢氏は詳しく述べずに認めた。

「政策レベルでは、将来の電力需要、適切な電力構成、より現実的で信頼性の高いビジョンを確認したいと考えています。 [clarify] LNGのシェアだ」とJera幹部は語った。

西沢氏は、次期エネルギー計画でLNGと水素に単一の数値目標を設定する代わりに、低炭素熱エネルギー燃料の実現可能性を認識し、二酸化炭素回収・貯蔵(CCS)などのさまざまなオプションを組み合わせる合理的なメカニズムを設定することを提案した。 LNG。

クリーンLNGへの取り組み

先週の会議の講演者らによると、他の燃料のより環境に優しいイメージを維持するために、2021年からはLNGの排出量削減が優先事項となり、日本企業もいくつかのプロジェクトに参加しているという。

日本、韓国、オーストラリア、米国、欧州が昨年立ち上げたそのような取り組みの1つは、LNGバリューチェーン全体でのメタン排出を監視するメカニズムを開発することを計画している。

同様に、日本のジョクメクはプルタミナと協力してインドネシアのガス施設でのメタン排出量を測定し、マレーシアのペトロナスと協力してメタン削減プロジェクトに取り組んでいる。 日本の探査会社国際石油開発帝石は現在、インドネシアのアバディ LNG プロジェクトに CCS を統合することを計画しています。

日本のガス会社もe-メタンの生産に関与している – 再生可能な水素とリサイクルされた CO2 から生成される合成メタンの一種 – 米国、オーストラリア、ペルーでこれにより、ガス部門は 2030 年までに脱炭素化でき、既存のガスインフラを維持できるようになります。

「ガスとLNGは日本の厳しいNDC目標の達成に貢献でき、将来の戦略において重要な役割を果たすはずだ」と姚氏は述べ、e-メタン、アンモニア、水素はすべて火力発電のカーボンニュートラルな選択肢であると付け加えた。 。

しかし、日本は燃料を選択する際に自国の競争力も考慮する必要があると会議の講演者らは述べた。 米国のLNG生産会社シェニエールのシニアコンサルタント、黒田勝己氏は、「次の計画は日本の電気料金に焦点を当てるべきだと強く信じている。これは日本の産業の競争力を決定する重要な要素だ」と語る。業界が競争するのは困難になるだろう。」

再生可能エネルギーを増やす世界的な傾向にもかかわらず、日本の太陽光と風力のエネルギーコストは他国に比べて著しく高価です。 RWEの現物LNG取引責任者、クリス・ロウ氏は業界イベントで「日本は自国にとって何が良いのか、何が世界にとって良いのかバランスを取る必要がある」と述べた。

2023 年に向けた第 6 次エネルギー基本計画における日本のエネルギー燃料構成目標
(%) 最近の目標 以前のターゲット 2019年度実績%
再生可能エネルギー 36%-28% 22%-24% 18%
20-22 20-22 6
LNG 20 27 37
石炭 19 26 32
2 3 7
水素・アンモニア 1% 0% 0%

READ  外国為替取引時間: 外国為替市場の取引セッションとその重要性の詳細な分析