6月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は26人が乗船している行方不明の観光船を探しています

土曜日の早朝、北海道北部の島で、子供2人を含む20人以上が行方不明になった日本の観光船が行方不明になった。

現地時間午後1時15分に緊急通報を行った19トンのカソックは、船が沈没し、船首が水没したことを当局に警告した。 ボートは24人の乗客と2人の乗組員を運んでいました。 乗客のうちの2人は子供でした。

ボートはシレドコ半島の西部で最後に見られました。 半島の外の水は氷点より少し上にあると言われており、この地域は滑りやすい氷で知られています。

東京大学の海洋科学教授である山田義彦氏は、カズ1のようなボートはおそらく救命ボートを運ばなかっただろうと言った。 船には救命胴衣が取り付けられていた。

船は海に沈んだかもしれない、と彼は地元のTBSテレビに語った、そして船はその地域に自生するクジラに襲われたかもしれない。 専門家は、致命的な低体温症は極端な局所温度を考慮すると独特の可能性であると言いました。

行方不明のボートは2人の子供を含む26人の乗客を運んでいた。
AP経由の京都ニュース

海上保安庁の巡視艇5隻とヘリコプター船または生存者の痕跡がこの地域に送られましたが、現地時間の土曜日の夕方まで何も利用できませんでした。 国の防空部隊も活性化されており、日本の運輸省は調査のためのタスクフォースを設置する予定です。

クルーズ船は、土曜日にメディアからの問い合わせを拒否した知床プレジャークルーザーによって運営されています。

「乗客の家族からたくさんの電話があります。 私たちは最初にそれに対処しなければなりません」と会社のスポークスマンは言いました 京都はニュースを語った

北海道の白戸子半島。
カズ1クルーズライナーは、北海道の知床半島で最後に見られました。
京都経由/ロイター

地元の人々は、悪天候のために海に出ていた漁船がすぐに戻ってきて、高さ9フィートまでの強い波とその地域に強い風が吹いていると言いました。

京都ニュースはまた、悪天候のために他のボートオペレーターがその日航海を拒否したと報じた。

業界関係者は京都ニュースに、「波は徐々に上昇すると予測されていた。今日の状況では旅行しなかっただろう」と語った。

2022年4月23日、北海道で行方不明になったカズ1客船を担当する知床観光船おうの本部を記者が囲んだ。
2022年4月23日、北海道で行方不明になったカズ1客船を担当する知床プレジャークルーザーの本部を記者が囲んだ。
ゲッティイメージズ経由のジジプレス/AFP

日本の岸田文雄首相は、「命を救うためにできる限りのことをする」ように内閣に指示した。 ジャパンタイムズレポート

南日本での2日間のサミットに出席した岸田は、危機に出席するために東京に戻るために彼女の日曜日のスケジュールを突然キャンセルしました。

私が困ったのはこれが初めてではありません。 地元の沿岸警備隊の記録によると、ボートは昨年6月の事件で転覆しました。 怪我は報告されていません。

この写真は、2022年4月23日土曜日に北海道北部のシャリで行方不明のクルーズ客船を運航していた会社の建物を示しています。
ブレイザークルーザーは、「旅行者の家族からの」電話を処理すると発表しました。
AP経由の京都ニュース

カズ1は65人まで運ぶことができます。 白戸子半島は人気の観光地で、2005年にユネスコの世界遺産に登録されました。 この地域には、イルカやヒグマなど、多くの種が生息しています。

ポストワイヤー付き

READ  日本の建築とオリンピック:パビリオンがポップアップ