4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は3万人の青少年に電池を作る訓練を希望

日本は3万人の青少年に電池を作る訓練を希望

電池生産の需要の高まりに応えて、日本は電池の設計と設計を行える数万人の若者を訓練しようとしている。

として 日経アジアが報じた(新しいウィンドウで開きます)日本の経済産業省は、2030年までに電池製造に訓練を受けた新規人材を3万人雇用したいと考えている。 現在、日本では約1万人が電池製造業界で働いています。

東京に本拠を置くテクノシステムリサーチの研究員、藤田光隆氏によると、「世界では優秀なバッテリーエンジニアが不足している…エンジニアやデザイナーが優秀になる前に訓練しなければならないが、現在は人材が不足している」どこにでも。”

その需要に応えて今後7年間で労働力を拡大するため、日本政府は若者に電池の作り方を教える国家的取り組みを開始する。 12月に大阪府立大学高等専門学校で電池技術を中心とした学生40名の体験授業から始まる。

この授業では、すでに電池を製造している企業の退職技術者が講師を務め、EV用電池製造施設のバーチャルツアーが含まれ、学生は日本の産業技術総合研究所が提供する電池製造装置を使用します。

先生方の推薦で

パイロット授業が成功すれば、来年には日本全国の高校、大学、大学で同様のコースが開講される予定だ。

この取り組みにより、新たに訓練を受けた若者が問題なく就職できるようになるため、訓練を受ける若者にとっては大きな魅力となるでしょう。 日本は世界最大手の自動車メーカー(ホンダ、トヨタ、日産など)の本拠地であり、EVのバッテリーと技術開発を支援する新しい人材を必要としている。 パナソニックは現在、テスラ向け電池の主要サプライヤーでもある。

私たちの最高のストーリーを入手してください!

サインアップ 今、何が新しいのか トップニュースを毎朝受信箱にお届けします。

このニュースレターには、広告、取引、またはアフィリエイト リンクが含まれる場合があります。 ニュースレターを購読すると、当社への同意が示されます 利用規約プライバシーポリシー。 ニュースレターはいつでも購読を解除できます。

READ  オリンピックで準々決勝に勝利した後、フィンランド人が日本のキャプテンを慰める