7月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は5月10日に480万バレルの石油の国家埋蔵量を競売にかける

京都で撮影されたこの写真は、2021年11月12日に日本の東京の東にある市原の出光興産石油工場の空中写真を示しています。 京都/ロイター経由の強制融資

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、4月22日(ロイター)-日本は5月10日にオークションを開催し、76万キロリットルまたは480万バレルの石油の国家埋蔵量を販売すると、産業省は金曜日に発表された声明で述べた。 IEA)価格の上昇を減らすため。

今月初め、岸田文雄首相は、IEA主導の合弁事業の第2ラウンドの一環として、日本が国の埋蔵量から1,500万バレルの石油を放出すると発表した。 続きを読む

業界省は先週、合計600万バレルが民間株から、900万バレルが州の準備金から調達されると述べた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

日本には、1月末時点で約4億7000万バレルの石油埋蔵量、つまり国内消費の236日、国有埋蔵量、地元の製油所を保有する私有埋蔵量、生産国との共同原油貯蔵プログラムがあります。

州の埋蔵量からそれを解放する最初のステップとして、同省はキイレタンクから約16万klまたは100万バレルの原油を販売します。 白島タンクからの28万klまたは180万バレル。 そして、日本南部のカミゴトからの32万kl、つまり200万バレル。

落札者様は、6月20日以降にキイレ、シラシマからの供給が可能になり、8月11日以降に上五島からの原油が供給されます。

政府は残りの420万バレルを間もなく州の準備金から解放することを計画している、と省当局者は記者団に語った。

関係者は、IEAのビジョン、ウクライナ危機、世界の石油価格などのさまざまな要因に基づいて、6か月後に石油備蓄を補充するために石油を買い戻すかどうかを検討すると述べた。

4月初め、IEA諸国は、3月末にワシントンが発表した1億8000万バレルに加えて、ロシアのウクライナ侵攻を受けて価格を引き下げることを目的として、6000万バレルの石油を貯蔵から引き出すことに合意した。 続きを読む

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

大林組による報告; TomHoggとSupranzuSahuによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  強い輸出日本の経常黒字は1月から6月に増加する