10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は8月にわずかな経常黒字を記録した

財務省によると、昨年8月の日本の経常黒字は20.1%減の1兆6700億ドル(150億ドル)で、エネルギー輸入コストの上昇による貿易赤字に牽引された。

同省の当初のデータによると、日本は86か月目に黒字であったものの、黒字は6か月ぶりに前年比で減少し、一次所得の増加または外国投資の流入があった。

8月には、輸入が輸出を上回り、3,724億ドルの赤字になりました。これは、7か月ぶりの赤インク数です。

原油の輸入は約2.2倍の3,695億円、総輸入は45.9%増の6兆8,900億円となった。

データによると、鉄鋼および半導体製造装置の強力な輸出により、輸出は27.1%増の6.51兆円となりました。

しかし、東南アジアでのコロナウイルス症例の増加によるサプライチェーンの混乱の影響は、報告月の間に現れ始め、米国、中国、および欧州連合への自動車の輸出は、1年前から減少したと省当局者は述べた。

スペアパーツの不足は、自動車メーカーの見通しを覆い隠しています。

日本の一次所得は、投資信託などの外国投資収益率の上昇により、2.63兆7.6%増加しました。

外国企業が日本企業へのロイヤルティ支払いを増加させたため、サービスバランス。 1949億人が赤字になりました。

日本の旅行旅行黒字は、旅行制限により25,900人に過ぎないものの、1年前からの外国人旅行者数の増加により、25.6%減の14146億人となった。

アスリートや東京オリンピック・パラリンピック関係者が日本を訪れたため、緩やかな回復が見られました。 オリンピックは7月下旬から8月上旬に開催され、パラリンピックは8月下旬から9月上旬に開催されます。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  夏季パラリンピックでの日本のメダル