10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はCOVID-19緊急状態を解除する準備ができています:レポート

日本の当局は、Govt-19の症例数が減少しているため、月末までに19の州すべてで緊急事態を終わらせると予想されています。

日本の首都東京は、11日連続で市の数が1,000を下回った日曜日に299件の新規症例を登録しました。

一方、日曜日には全国で約2,100件の症例が報告された。 夏の1日あたりの症例数は約25,000に増加し、 ロイターは指摘した

田村典久保健相は日曜日、記者団に対し、「ワクチン接種率は上昇しているものの、感染のリスクは高いが、指導者は「日常生活の制限を緩和する」必要があると語った。 NHKによると

ヨシヒト・スー・キ首相は火曜日に最終決定を発表し、ほぼ半年ぶりに緊急事態を解消します。

彼は月曜日の夜に記者団に、「政府専門家委員会との協議と議論に基づいて、明日この問題について最終決定を下す」と語った。

ニュースサービスは、日本の緊急管理は主にレストランの営業時間と酒類の販売の制限に焦点を合わせていると付け加えた。 しかし、東京の指導者を含む一部の当局者は、事前に承認されたレストランでのみアルコールの販売を許可するなど、何らかの行動を取ることを計画しています。

国の人口の約57パーセントが完全にワクチン接種されています 1億5900万回以上投与。 発生以来、日本では約170万件の症例と17,499件のコロナウイルス関連の死亡が報告されています。

READ  日本には新しい体操の王子がいます