7月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はESGに400億ドルを貸し出しているため、グリーンウォッシングについて警告しています

(ブルームバーグ)-日本の政府支援銀行は、持続可能な目的のために約400億ドルを費やす予定であり、企業がグリーンウォッシュを確実に行うために資金をどのように使用できるかを検討します。

ほとんどがブルームバーグから読んだ

エピデミックの際に資金提供で企業を支援してきた日本政策投資銀行は、持続可能な資金調達を増やす準備をしています。 2021年4月からの5年間で、環境、社会、行政の目的で、負債と投資総額の約40%、つまり5.5兆円(407億ドル)を確保しました。

DBJのサステナビリティマネジメントオフィスのエグゼクティブマネージャー兼チーフマネージャーである原田文代氏はインタビューで、「将来的に目標を掲げる資金調達プロジェクトがあるのではないかと思う」と語った。 「私たちは、洗浄クレームが発生しないように、すべての財務計画を検討する予定です。」

貸し手の立場は、一貫性のある信用の検査を促進するという規制当局による世界的な推進力と一致しています。 ゴールドマンサックスグループ株式会社 ESG基準を使用して投資を提供するファンドに対する米国の調査に直面して、警察は依然としてDWSグループのフランクフルトオフィスで虚偽の主張の証拠を探しています。

炭素集約型の生産が経済の不可欠な部分である日本では、安定性連動型および変化連動型の融資が普及しつつあります。 グリーンボンドのように、そのようなローンは、資金が使用される計画を説明するのではなく、借り手のための目標を設定します。 一部の投資家は、リンクされた貸し手がESGファンドを悪用する可能性が高いと述べています。

ブルームバーグがまとめたデータによると、日本の発行者は22億ドル相当の為替証券を売却し、世界全体の40%を占めています。

「安定性連動融資や変更融資契約には、その目的に応じて問題が含まれる可能性があります」と原田氏は述べた。

ブルームバーグビジネスウィークから多くを読む

©2022ブルームバーグLP

READ  乾友紀子が世界初の日本初の金メダルを獲得