5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はF-35を発進可能な改良型軽空母を披露

日本はF-35を発進可能な改良型軽空母を披露

日本のいずも型ヘリコプター空母「加賀」が航空母艦に改修されました。
海上自衛隊

  • 日本は、新たに改装された軽空母の最初の改装が完了したと発表した。
  • JS ガガ ヘリコプター空母は、F-35 ジェット機を搭載するために改修された駆逐艦であることが確認されました。
  • ガガはこれから海上試験を受け、その結果は別の船の改良に役立てられる予定だ。

日本は、ヘリコプター搭載護衛艦の1隻をF-35BライトニングIIステルス戦闘機を運用可能な軽空母に改造する初の改造を披露している。

JS「ガガ」の改修が成功すれば、もう1隻のヘリコプター空母「いずも」も空母に改修される道が開かれることになる。

日本の海上自衛隊は今月初め、「かか」の初の特別改修任務を完了したと発表した。 Xへの投稿では、現在F-35ジェット機の運用と発進のために設計された飛行場を備えた空母を紹介した。

AMP はメディアをサポートしていません。
タップすると、完全なモバイル エクスペリエンスが表示されます。

海上自衛隊は提出書類の中で、F-35の発進と回収を行うための先導級ヘリコプター空母「いずも」を開発中であると述べた。 両艦がジェット機を運用できれば、日本は第二次世界大戦以来見られなかった能力を獲得することになる。

そしてそれは必要になるでしょう。 2023年10月現在、日本 まだ計画中 147 機の F-35 – F-35A を 105 機以上、F-35B を 42 機以上購入します。

日本は2021年10月に防衛力の劇的な見直しを開始し、第二次世界大戦以来初となる水陸両用軍事部隊を創設し、新しいクラスの近代軍艦を導入した。 いずも型ヘリ空母2隻の軽空母化も発表した。

改良された日本の軍艦は、米国海軍の大甲板強襲揚陸艦に似ている。海兵隊と海兵隊は以前、F-35を指す軽量のいわゆる「ライトニングキャリア」を使用してこの艦を検討していた。

日本だけど プラットフォームとその艦隊には長い歴史があり、航空母艦を効果的に配備する先駆者であり、今回のアップグレードは現代海洋時代におけるマイルストーンとなる。

この計画は、2021年10月に米海兵隊のF-35B航空機2機が就航するのに合わせて日本が米軍戦闘機と自国の航空機を搭載できる空母を建造する中、中国の侵略に対する懸念の中で日米関係にとって好機となる。 に乗って「いずも」の甲板から出航しました。

2018年、日本は中国が「既存の国際秩序と矛盾する自らの主張に基づいて現状を変更しようとする一方的かつ強制的な努力」を行っていると述べた。 その後も別の苦情を申し立てている。

AX-6と呼ばれるこの航空機は、日本の名古屋にある三菱重工業F-35最終組立・チェックアウト(FACO)施設で組み立てられた2番目のF-35Aであり、航空自衛隊の第3航空団に初めて配属されたものである。 、日本の三沢基地、第 302 戦術戦闘航空団。
F-35共同計画事務局提供

中国の軍事力の増大は米軍指導者や議員らの懸念を引き起こしており、一方、世界最大の海軍の増強が続いていることで、米国の低迷する造船とその将来についての懸念が高まっている。

今月初め、中国は日本のパートナーシップと能力の拡大、特に原子力潜水艦に関するオーストラリア、英国、米国とのAUKUS防衛協定に取り組む可能性について懸念を表明した。

中国外務省の毛寧報道官は、「それほど遠くない日本の軍事侵略の歴史を考慮すると、日本の軍事・安全保障措置はアジアの近隣諸国や国際社会から注目されている」と述べた。 言った

「日本は侵略の歴史を真剣に反省し、小規模な軍隊や治安部隊への関与をやめ、真に平和的発展の道を歩まなければならない」と述べた。

READ  自動車用エアコン圧力スイッチ市場の概要2022-2030| キープレーヤー-監査人(スウェーデン)、藤越(日本)、カワフェ(日本)、ニッポンロック(日本)、NSK(日本)