6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はFFC子会社にGMPに従い、有害事象を報告するよう義務付けている

日本はFFC子会社にGMPに従い、有害事象を報告するよう義務付けている

委託製造業者と契約する企業は、これらの製造業者が GMP 基準に準拠していることを確認する必要もあります。

一方、CAAは製造工場への立入検査を実施します。

以前は、FFC 製造業者は GMP に従うことのみを厳しく推奨されていましたが、現状維持への関心が高まっています。 たとえば、委託製造業者は、GMP を取得することでより多くの顧客を獲得できると考えていますが、ブランドオーナーは、GMP を取得することで輸出の増加につながると考えています。

昨年12月、CAAはサブフォームでFFCを製造する企業に対するGMPガイドラインの実施に関する公開協議も開催した。

CAAは、GMPの義務化に加えて、実際の因果関係がまだ明確に確立されていないにもかかわらず、企業が自社製品の消費に関連した健康有害事象の疑いを報告することを求めている。

医師の診断が関与している限り、重症度に関係なく症例を報告する必要があります。

ルールを遵守しない、または違反する企業は、禁止または停止される場合があります。

話す 栄養素-アジア、 コンサルティング会社スムーズリンク(日本)の社長兼創設者である加藤久樹氏は、FFCの二次製造業者にGMPを義務付けることは重要であると述べた。 「とてもナチュラル」 進捗。

「FFCはGMP基準に従うかどうか調査されているので、人々はそれがごく自然な流れだと言うと思いますが、現時点では、GMP健康食品は錠剤やカプセルなどの栄養補助食品の形で人々に使用されています。粉末や加工食品の人々には使用されていません」形状。”

READ  日本の電力会社は登録違反で罰金を科された