7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本へのフィリピン人旅行者が増加

日本へのフィリピン人旅行者が増加







著者: ティロン ジャスパー C. ピアット1分前


日本へのフィリピン人旅行者が増加

ホットスポット 多くの観光客が日の出とともに富士山の頂上を目指します。 – AFP

アジアや世界の最も人気のある観光地の一つを訪れる旅行者が増える中、格安航空会社セブパシフィック航空は日本行きの路線に強い関心を集めている。

Gokongwei 主導の航空会社は声明で、日本行きの乗客数が第 1 四半期にほぼ 2 倍の 110,000 人になったと発表した。 最新の数値もパンデミック前のレベルより20パーセント改善している。

「日本はフィリピン人旅行者にとってトップの目的地となっている」と同航空会社は言う。 「フィリピン人は、文化的評価と現代性の融合を求めて日本を訪れ、あらゆるタイプのフィリピン人旅行者のニーズに応えます。」

日本の観光名所には、富士山、渋谷交差点、浅草観音寺、新宿祇園庭園などがあります。

昨年11月、フィリピン観光省と日本の国土交通省は、両国間の観光をさらに促進するための画期的な協定を締結した。

彼らの目標は、農村部を含む両国への観光を促進することで観光客の増加を目指すことだ。 この活動は、観光客が両国の習慣や文化を体験する機会としても考えられています。

現在、セブパシフィック航空はマニラから福岡、名古屋、成田、大阪への便を運航しています。 セブやクラークから成田までの路線も運行しています。

$12-B のフライト注文

航空旅行のルネッサンスの中で、この格安航空会社は機材をアップグレードしています。

同社は今年18便を追加するために少なくとも600億ペソを費やす予定だ。 現在、ターボプロップ機15機、エアバス330型機8機、エアバス320型機39機、エアバス321型機21機を運航している。

さらに同社は、120億ドルの航空機発注に関して、ジェット機メーカーのエアバスとボーイングからの提案を検討中である。

セブ・パシフィックの第1四半期純利益は2倍以上の22億4000万ペソとなった。 特に旅客収入は25%増の180億ペソとなり、旅客数は14%増の550万人となった。

国内 35 都市、海外 24 都市への航空サービス。







READ  日本のギリンはミャンマーの努力を終わらせるための法廷を求めている