2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本を含む20カ国以上が原子力発電の3倍化を求めている

日本を含む20カ国以上が原子力発電の3倍化を求めている

土曜日の国連気候変動協議では、日本を含む20カ国以上が、2050年までに実質ゼロ排出を達成する取り組みの一環として、世界の原子力発電容量を3倍にするよう求めた。

韓国から米国、ガーナ、欧州数カ国に至るまでの国々が支持した宣言では、カーボンニュートラルの目標を達成する上で原子力発電が「重要な役割」を果たすとしている。

化石燃料に代わるクリーンな代替手段としての原子力発電の利用は物議を醸しているが、特に2011年の日本の福島原発危機後、環境保護団体は安全性と核廃棄物の処分について懸念している。

ドバイで開催されたCOP28会議でジョー・バイデン米国大統領の気候公使を務めるジョン・ケリー氏は、「私たちは、それが他のすべてのエネルギー源の主要な代替となるだろうと誰にも主張していない」と述べた。

「しかし、科学と事実と証拠の事実が、原子力なしでは2050年までにゼロに到達できないことを私たちに示しているので、私たちは知っています」と彼は言った。

「これらは単なる科学的事実です。そこには政治もイデオロギーもありません。」

2020年から2050年までに原子力発電容量を3倍にすることを目指している。

この宣言に署名した他の国には、英国、ブルガリア、カナダ、チェコ共和国、フィンランド、フランス、ハンガリー、モルドバ、モンゴル、モロッコ、オランダ、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スウェーデン、ウクライナ、アラブ首長国連邦が含まれる。 エミレーツ航空。

環境保護団体350.orgの北米ディレクター、ジェフ・オードーバー氏は「化石燃料に代わるエネルギーに投資したいというバイデン政権の意欲は評価するが、原子力のような危険な気晴らしに時間を浪費する時間はない」と述べた。

READ  中国、日本、韓国の外相が日曜日に4年ぶりに会談することを韓国政府が確認した