7月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本を変革するために企業間で週4日かかります

日本もっと最大の企業名は、会社の利益のために家庭生活を犠牲にすることをいとわない従業員の上に築かれた国では考えられない戦後の繁栄である、週4日の労働の導入に向かっています。

急速な高齢化と少子化、ライフスタイルや期待の変化による労働力不足による変化は、国を書き換える可能性を秘めています。仕事の風景。 一つには、それは大企業と中小企業の間のギャップを広げるでしょう。

エレクトロニクス企業である日立製作所は、週4日稼働する最大の企業の1つです。 当初、このポリシーは約15,000人の従業員に適用されます。

日立は、4日間のオプションを選択した人の賃金を下げる予定はないと述べたが、彼らがオフィスにいる間、より長い時間働くことによって、5日間の週の労働時間の違いを補うように彼らに促している。

企業はさまざまな理由でこの方向に進んでいます。

過去には、スタッフは高齢者の親戚や子供の世話をするために立ち去ることを選択することがよくありました。 労働者が4日間の労働週を選択できるようにすることで、国内の仕事に参加する時間が増え、会社での仕事を維持できるようになります。

他の企業は週4日の労働に移行しており、従業員は高度な学位や認定試験のために勉強する時間を増やすことができます。 従業員がボランティア活動や副業のために自由な時間を使うと信じている人もいます。

ユニクロの衣料品小売店チェーンを運営するファーストリテイリングは、これまでのところ4日間の就業週数を開始している大手企業の1つです。 みずほフィナンシャルグループ株式会社パナソニックホールディングス株式会社今年度中にこの取り決めを導入する予定です。

ただし、これらの企業は、週4日勤務を選択した場合の料金の支払い方法が異なります。 関係者によると、パナソニックの計画は約5,000人の従業員を対象とし、変更が彼らの給与にどのように影響するかをまだ決定しているという。 みずほフィナンシャルグループの従業員は、週4日働く人の収入を減らします。

2021年6月に採択された経済および財務管理と改革に関する基本方針において、政府は企業に4日間の労働週の導入と延長を奨励した。

しかし、労働省による1月の調査では、従業員が5日間の労働週の下でより多くの休日をとると答えた企業はわずか8.5%でした。 従業員数が1,000人以上の企業では12.6%でしたが、従業員数が30〜99人の企業では7.4%に低下しました。

中小企業は、事業運営の性質上、電気通信で働く従業員の数がすでに遅れています。

小売、レストラン、医療、老年医学などの分野で働く人々は、週5日の労働時間でも、休日をとることが非常に難しいと感じています。

第一生命研究所のシニアエコノミストである星野拓也氏は、従業員の雇用機会を拡大する動きを歓迎したが、一部の仕事が不利であるとして、すべての企業がそれに続くことはできなかったと述べた。 週4日または配達。

「人手不足が悪化している兆候とともに、政府は企業に投資を促し、従業員がより大きな利益を享受できるようにする必要がある」と星野氏は付け加えた。

(この記事は村上浩一、栗林文子、橋本博樹が執筆しました。)

READ  日本の投資リーダーのためのショーでのハンター産業