7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本インカレ3日目、岡田選手が200IMを制覇しました。

日本インカレ3日目、岡田選手が200IMを制覇しました。

2023年日本大学選手権大会

2023年の日本学生選手権では、多くのオリンピアンが東京アクアティクスセンターのプールに飛び込みます。

3日間の競技を通じ、これまでの男子チームの順位は明治大学が勝ち点361で首位、女子チームは津京大学が勝ち点262で首位に立っている。

3日目からは男子3チームが出場

  1. 明治 – 361 ポイント
  2. 日本 – 303 ポイント
  3. 早稲田 265点

3日目からは女子3チームが出場

  1. 崇京 – 262 ポイント
  2. 神奈川県 – 245ポイント
  3. 法政 – 227 ポイント

21歳のオリンピック選手は、前回のフリー800nでの勝利に続きました。 難波みう 女子400メートル自由形でも首位に立った。

難波は4分10秒33で壁を登り、金メダルを獲得した。 彼女の生涯ベスト記録である4:05.25は昨年の世界選手権トライアルで記録されたものだが、それを3秒以上上回るには十分だった。

男子200メートルIM優勝者は複数のメダリストでもある 岡田創 彼は1分57秒49で金メダルを獲得した。 日本の水泳選手は、前回大会の400メートルIMでの勝利にこの種目を加えた。

緒方選手は2IMレースで2分00秒台の選手3名のうちの1名を代表として出場した イグル広島 シルバーの場合 1:59.05 牧野耕介 1:59.51でトップ3を締めくくった。

20歳のオカダにとって、今夜の活躍はこの大会でのキャリアの中で最高のものだった。 今年の世界選手権準決勝でのオカダの自己ベストは1分57秒02。 福岡では岡田が2IMで1分57秒82で8位に入った。

松本志保 彼女は2:10.95という生涯ベストを更新し、200メートルIMの女子バージョンに輝いた。 彼女のタイムは 2 分 10 秒 31 で、大会記録まで 0.5 秒以内に迫り、3 秒以上の差を付けました。

松本はこの種目で日本の10番目に速い成績を収めた。

月夜の女子4×100メートルメドレーリレーも大会記録に劇的距離に迫った。 竹葉智子、吉田京子、広田夏樹 そして 神野ゆめ 合計4:01.73でフィニッシュした。

竹葉選手が1分01秒40でトップに立ち、吉田選手も1分08秒59の平泳ぎスプリットで勢いに乗った。 夏木選手がフライレッグで57.51点をマークし、フリースタイルでは神野選手がアンカーで54.23点を決めた。

もう一つの注目すべき分裂は、 池本渚 関東周防大学準優勝チームに。 イグモトは、このフィールドで唯一54秒を切る選手として、最終タイム53.75を記録した。 池本選手は今大会の女子100メートルと200メートル自由形でトップに立った。

男子4×100メートルメドレーリレー 明治大学カルテット 松山陸 (54.20)、 小島壮 (1:00.38)、 成島良典 (51.89) と どものぶこみ (48.80) 3:35.27 協力して行われた作業。 この種目での 3:35.00 は大会記録からわずか .27 秒及ばなかった。

その他の注目すべき分裂はオリンピック銀メダリストによるものだった 本田 友留51.08がフライトに登録されました 柳本康介 日本のアンカーを48.60で決めた。

こちらは男子100メートル平泳ぎの優勝者、 谷口だく彼は銅メダルを獲得した崇京チームの平泳ぎで59秒30を記録した。 タナカ タイガオン 早稲田チームでは48.61得点を記録した。

追加の受賞者

  • 秀野義光 神奈川大学女子100メートルは1分0秒40でゴールした。
  • 明治の 柳川大樹 男子100メートルでは53秒86で金メダルを獲得した。
  • 男子400m 黒川秀水 1500m自由形優勝者はこちら 井本一樹。 黒川選手は3分50秒00、井本選手は3分50秒24で銀メダルを獲得した。

READ  2024年オリンピック日本代表キャプテンに水沼選手と松本選手が内定