6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本企業、東南アジアでの貯蔵用にCO₂を輸出へ

日本企業、東南アジアでの貯蔵用にCO₂を輸出へ

日本企業は二酸化炭素(CO₂)排出量を東南アジア諸国に輸出して地下貯蔵することを目指しており、12以上のプロジェクトが進行中である。 京都ニュース

日本政府は、2050年までに日本の現在の二酸化炭素排出量の約10~20%に相当する1億2,000~2億4,000万トンのCO₂を削減するという目標を掲げ、CCSの推進を目指している。 岸田政権は2月にCCS貿易法案を閣議決定した。 経済的支援 CCS テクノロジーのオペレーター。 そこに記載されているように 外交官、 この法律は夏にも施行される可能性がある。

CCS には、鉄鋼やセメント生産などの産業プロセスからの CO₂ 排出を生産時点で捕捉し、船舶またはパイプラインを介して地下深部貯蔵施設に輸送することが含まれます。

商社 三菱 株式会社と大手石油元売会社 エネオス 炭水化物が含まれています 考慮する 東京湾岸地域の火力発電所や石油工場から排出されるCO₂は液化され、マレーシアに送られて貯蔵されます。 このプロジェクトは 2030 年に開始される予定で、年間約 300 万トンの CO₂ を収集すると予想されています。

Subu 電力は、インドネシアで名古屋港のプラントや工場から CO₂ を回収し、貯蔵および商業利用するための実現可能性調査を実施しています。 住友 JFEはスチールと提携し、西日本の瀬戸内および四国地域からCO₂を収集し、排出量をオーストラリアで貯蔵するために輸送する実現可能性調査を開始した。

この技術は政府に支持されているが、コストは高く、関連プロジェクトは地元の反対に直面している。 環境保護団体は、CCS技術が化石燃料の継続的な使用と温室効果ガスの排出を促進するものであるとして、CCSを推進するという日本の決定に反発している。 公開書簡の中で、フレンズ・オブ・ジ・アース・マレーシア 言った: 「この行為は気候危機を悪化させるだけでなく、特にマレーシアのようなグローバル・サウスの国々で二酸化炭素を投棄することにより、気候正義の原則に反しています。」

GlobalData を利用して、市場で最も包括的な企業プロフィールにアクセスします。 研究時間を節約します。 競争力を高めます。

会社概要 – 無料サンプル

ダウンロードメールが間もなく届きます

私たちは、当社の会社概要の優れた品質を信じています。 ただし、お客様のビジネスにとって最も効果的な決定を行っていただきたいため、以下のフォームを送信してダウンロードできる無料のサンプルを提供しています。

グローバルデータによる

READ  日本は急速な EV 充電をサポートするために動きます


私たちの到着 プライバシーポリシー 当社のサービス、当社がお客様の個人データを使用、処理、共有する方法、個人データに関連するお客様の権利に関する情報、および今後のマーケティングコミュニケーションの購読を解除する方法についての詳細は、こちらをご覧ください。 当社のサービスは法人加入者を対象としており、送信された電子メール アドレスが企業の電子メール アドレスであることを保証します。