6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本企業が1.22ドルの底なしステーキで労働者を惹きつけている

日本企業が1.22ドルの底なしステーキで労働者を惹きつけている

日本のオフィスのカフェテリアは驚くほど安いです。 ある企業は余った予算を使い、月に一度、ステーキやマグロの刺身丼などの高級メニューをわずか1.22ドルで提供している。

従業員は1.22ドルのステーキを食べる

日本の社員食堂では、ステーキ丼の食べ放題が 190 円 (1.22 ドル) で行われます。職場の厨房では、おいしい価格で温かい食事を調理してくれるのです。

「これが190円で食べられるなんて、すごいですね。 せめて3回戦までは行きたいです。 これを食べて、午後からまた一生懸命仕事に戻ります」と 300 人の従業員のうちの 1 人は言います。

ガステムなどの日本の企業食堂では、福利厚生の一環として通常の半額で食事を提供しているため、より安価な食事を提供しています。 月額3,500円を超えない限り、小切手の残り半分は会社が引き取ります。

コストを抑えるもう一つの要因は、食品廃棄物の量が少ないことです。 商品原価は、無駄になる金額を計算します。 社員食堂は需要が予測可能で安定しているため、無駄がほとんどなく、コストが削減されます。

月に一度の剪定

Kustom のキッチンでは、食材をより安価な価格で戦略的に調達することで、スタッフを月に 1 回「ボリュームたっぷりの食事プラン」で「チャレンジ デー」と呼ぶだけの予算を残しています。

「月に一度、丑の日にステーキやうなぎなど豪華なメニューが食べられる『チャレンジデー』を設けています。 トヨ*とマグロです」と同社広報担当の藤田有紀氏はテレビ朝日に語った。

広告

(*「とよの牛の杯」は日本語で発音され、年に6回あり、日本人が伝統的にうなぎや、うどんなどの「う」で始まるその他の食べ物を食べる時期です。 2024 年の日付は、1 月 26 日、4 月 19 日、5 月 1 日、7 月 24 日、8 月 5 日、10 月 28 日で、各シーズンの初日の 18 日前です。

ボトムステーキの日には、カフェテリアのキッチンで 60 キロの肉と約 30 キロの米が調理され、その上に薄切りステーキが乗せられ、ソースがかけられます。

過去の散財日のもう 1 つの例は、マグロの刺身丼を提供する生のマグロ解体ショーです。

カステムのカフェテリアは、一人暮らしの従業員が翌日仕事に持っていくために残り物で大量の夕食を作る必要がなく、十分に食欲をそそる楽しいものです。

従業員の一人は「一人暮らしなので本当に助かる」と話した。

トップダウンの努力が報われる

画像: 与村 /PIXTA(ピクスタ)

日本の他の企業も、柔軟な労働環境の構築やその他の福利厚生の提供で成功を収めています。 キャステムの場合、チャレンジデーはCEOの戸田卓雄氏が発案したものだ。

「従業員に温かいものを食べてお腹を満たしてもらいたいという社長の願いがすべての始まりでした。みんなにアピールしてお腹をくすぐる方法を考えたのがこのイベントのきっかけでした」と料理長の森下義則氏は記者団に語った。

従業員のお腹を満たすだけでなく、部門間のコミュニケーションが改善され、生産性が向上し、より多くの求職者を惹きつけることができました。

「昨年の申請数は800件に達した」と藤田氏は言う。これは20年前の40倍に相当する。

「さまざまな州から応募者が増えるにつれ、カーストの名前がここまで広まったことに驚いています。」

高級感と手頃な価格の間には紙一重があるが、森下氏はそれを越える方法があると言う。

「一番高価な食べ物はウナギです。 それぞれ詰めてうな丼を作りました。 それが私のCEOを怒らせた理由です。 彼は私が行き過ぎだと言いました」と彼女は言った。

証拠の

190円でスターキ食べ放題!うなぎ、マグロも…“豪華是社食”で驚きの意 テレ朝

なぜ社食の开室がなななななななったのですか? エデンレッド

READ  スターバックス ジャパンのレアフラペチーノは全国15店舗でしか買えない - SoraNews24 -Japan News-