5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本政府、UMにマンスフィールド議長を設置

日本政府、UMにマンスフィールド議長を設置

ミズーラ — 日本政府からの510万ドルの助成金により、モンタナ大学に日本およびインド太平洋問題のマンスフィールド教授が設置される。

ニュースリリースによると、この栄誉ある役割は、教員が達成できる最高の栄誉の一つであり、教育機関の知的影響力と知名度を高める才能ある教授を惹きつけるものである。

マンスフィールド議長は、ビジネス、農村問題、公衆衛生、言語、社会、文化を含む、日本およびインド太平洋研究における多様な学術的機会を促進します。

5月2日、助成金の授与を祝うためにUMを訪問した伊寄誠在シアトル日本国総領事は、セス・ボドナーUM学長とマンスフィールド・センター事務局長ディーナ・マンスール主催の祝賀昼食会に出席した。

モンタナ州知事のグレッグ・ジャンフォルテ氏、モンタナ州商務省のポール・グリーン局長、ミズーラ市長のアンドレア・デイビス氏、UM財団の会長兼最高経営責任者(CEO)のシンディ・ウィリアムズ氏、マンスフィールド・センター諮問委員会のメンバーなど、州および地元の高官が出席した。

ボドナー氏は「皆さんの寛大さのおかげで、日本の政治、外交政策、日米関係、自由で開かれたインド太平洋の発展に関する研究と交流への深い理解を促進するという共通の利益をより良く支援できる」と述べた。 。

ライアン・ブレネック/モンタナ大学

モンタナ州の高官らは、日本・インド太平洋問題担当マンスフィールド議長の設立を祝って、在シアトル日本国総領事・伊織誠氏に賞を授与した。

「マンスフィールドセンターは日本政府の支援に深く感謝しています」とマンスール氏は述べた。 「寄付を受けたマンスフィールド教授は、モンタナ大学を日本問題における国家的リーダーとして確立し、日米同盟の揺るぎない信頼性と極めて重要性、そしてマンスフィールドセンターがこの関係において重要な役割を果たしていることの証しである。」

最も長く駐日大使を務めたマイク・マンスフィールド氏(1977年から1988年)が日本政府からこの助成金を授与された。

ホワイトハウスは4月の岸田文雄首相の訪米中に共同声明を発表した。

この文書は、マンスフィールド大使の功績とマンスフィールド・センターの貢献に対する両国の認識を認め、UMでのマンスフィールド議長の創設を歓迎すると述べた。

マンスフィールド センターは、モンタナ州と日本の若者の間の学術交流を促進し、40 年以上にわたって学際的な教育と共同研究において教員をサポートしてきました。

マンスフィールド氏は大使在任中、アジア問題における強力な経歴を活かして、二国間貿易と安全保障の困難な問題に取り組んだ。 彼が日米同盟は「何よりも世界で最も重要な二国間関係である」と述べたのは有名である。

レオリ総領事のUM訪問

ライアン・ブレネック/モンタナ大学

日本政府からの510万ドルの助成金により、モンタナ大学に日本およびインド太平洋問題のマンスフィールド教授が設置される。

「この助成金は、深い文化理解と厳密な学問を通じて、今日世界が直面する複雑な問題に対処してきたマンスフィールドの不朽の遺産を反映しています」と、日本語担当のブライアン・ドゥードル大学准教授は述べた。 「この寄付によって可能になる幅広い新しいコースに興奮しています。これは学生たちの文化的および言語的訓練を補完するだけでなく、最終的には官民部門で働くためのより良い準備を整えることになるでしょう。」

マンスフィールドの永続的な影響を反映して、UM の世界言語文化学部は州内で最も多くの日本語コースを提供しており、日本語および日本文学プログラムは UM で 2 番目に大きな言語ベースのプログラムです。

毎年、数え切れないほどの UM の学生が日本の 8 つの提携大学のいずれかで学んでいます。 同様に、訪問し学位を取得する日本人学生は、UM のキャンパスコミュニティを豊かにし、アメリカの学生たちと生涯にわたる友情を育みます。

マンスフィールド センターの詳細については、次のサイトをご覧ください。 www.mansfieldcenter.org

KPAX からのその他のローカル ニュース

READ  日本の上級連立議員は経済刺激を強調している