11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本政府はまだフロッピーディスクを取り除こうとしています

  • ニッキ氏によると、日本政府は徐々にフロッピーディスクの取り外しを始めているという。
  • 最後の主要なフロッピーディスクメーカーであるソニーは、10年前にストレージメディアの生産を停止しました。
  • 日本政府は、システムのデジタル化と近代化に何十年も苦労してきました。

フロッピーディスク 約10年間生産されていませんが、日本政府はそれらを追放し始めました ニッキ 週末に発表されました。

東京の地方自治体は、信頼性が非常に高いため、柔軟性にこだわっていました。

マクロ病棟の公的資金の管理を担当する小野義徳氏は、ディスクが「クラッシュしてデータを失うことはほとんどない」とナイキに語った。

フロッピーディスクの大手メーカーであるソニーは、2011年に生産を終了しました。 しかし、それらは再利用可能であるため、ニッキ氏はさらに多くのフロッピーディスクが登場していると言います。

しかし今、東京市当局は、いくつかの場所で料金が請求されているため、フロッピーディスクを移動することを最終的に決定しました。 みずほ銀行はマクロ病棟で、フロッピーディスクなどの本体記憶媒体の使用料として月額5万円(440ドル)を請求すると発表した。

日本の新聞は、東京のさまざまな部門がすでにデータをフロッピーディスクから他のストレージ形式にオンラインで移動し始めていると付け加えた。

ただし、変更が完了するまでに数年かかる場合があります。 ニッキ氏によると、日本の多くの役所があるチョーダ区の完全なデジタル移行計画は、2026年までに完了する予定です。

国の最も現代的なイメージにもかかわらず、 日本国政府 デジタル化に苦労している公務員は、最新のイニシアチブに強い反対を表明しています ファックス機。 同様に、使用を排除しようとしています 個人印鑑 文書を承認するために反対に会った。

READ  日本のANAは、5年以内に従業員を解雇するために通年の見通しを20%削減しています