2月 29, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本政府はスズキ支援の電動エアタクシーに賭けている

日本政府はスズキ支援の電動エアタクシーに賭けている

SkyDrive はおそらく日本を代表する eVTOL (電動垂直離着陸) メーカーであり、今後さらに拡大する可能性を秘めています。 これは主に、同社の主力エアタクシーの認証を迅速化するための最近の財政的支援によるものです。

中小企業イノベーション奨励プログラム (SBIR) は、日本政府が AAM (Advanced Air Mobility) への移行を支援する方法です。 密集した都市中心部と特定の地理的課題により、日本は遠隔地に到達し、排出ガスを出さずに移動できる航空車両に特に適しています。

プログラムのフェーズ 3 中に、SkyDrive は政府からイノベーション補助金を受け取ったスタートアップの 1 つになりました。 これは 120 億円 (約 8,260 万ドル) の財政的支援となり、SkyDrive の研究開発プロセスを加速するのに十分です。

SkyDrive は商業運転のための型式認証を取得する予定ですが、これは今後 5 年以内に取得される予定です。 一方、AAMスタートアップはモビリティ大手スズキとの提携を確認した。

今年初め、両社は空飛ぶ車を開発する契約を結んだ。 この取引により、スカイドライブはスズキ所有の工場でエアタクシーを製造する100%子会社を設立する予定だ。 施設は静岡県にあります。 スカイドライブは来春に同施設で生産を開始すると発表し、スズキは人材面など他の分野でのサポートを提供すると発表した。

日本で製造される将来のエアタクシーは、乗客2名とパイロット1名が乗車できるマルチコプター型のeVTOLとして提供される。 毎日の通勤に適した軽量の航空機で、最大離陸重量は 1.5 トン未満です。 パフォーマンスの面では、SD-05 は 30 分間の自律走行と 100 kmph (60 mph) の最高速度を提供します。 これは、市場の大型エアタクシーに代わる、コンパクト、軽量、そして騒音のないように設計されています。

SD-05 プロトタイプは、名誉ある賞である国際フォーラム (iF) デザイン賞のおかげで、今年のパリ航空ショーで正式に発表されました。」非常にアクセスしやすい空飛ぶ車。「この最終プロトタイプは、ラスベガスの CES 2022 で一般公開された SD-03 の進化版です。

SD-03は世界最小のeVTOLとして世界中で話題になりました。 全長 4 x 4 x 2 メートル (13 x 13 x 6.5 フィート) で、最大離陸重量はわずか 400 kg (880 ポンド)、最高速度は 50 km (50 マイル) です。 飛行時間に関しては、1回の充電で約10分しか持続しません。

将来の SkyDrive Air Taxi はローター フレーム技術 (特許出願中) を備えており、従来のインフラストラクチャを排除し、最大の快適性を実現するために屋上への着陸を可能にするようです。

READ  日本の作家、北野監督の最新サムライ映画がカンヌに向かう