2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本株は34年ぶり高値、日銀決定後円は堅調

日本株は34年ぶり高値、日銀決定後円は堅調

ステラQより

[シドニー 2日 ロイター] – 火曜、日本株が34年ぶり高値に上昇し、円は安定したが、日銀が近いうちに超緩和政策から離脱して状況を揺るがさないことを期待する一方、中国株は下落幅を拡大した。 残忍なセッション。

日本の日経平均は1990年2月以来0.6%上昇し、年初からの上昇率は9.9%となった。 一方、MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も幅広い指数は0.2%上昇したが、中国株の低迷により今年は6%以上下落している。

円は今年5%下落し、1ドル=148.12円となった。 [FRX/]

政策当局者らが10年にわたる緩和政策の段階的廃止に向けた条件の達成に向けた経済の進展を評価する中、日銀はその日後半も超緩和的な金融設定を維持すると予想されている。

ロイター調査ではエコノミストの中に中銀が今回マイナス金利政策を解除すると予想した人はいなかったが、4月に解除されるとの見方が多い。 決定後に上田和夫知事が記者会見を開く予定で、トレーダーらはインフレ見通しや差し迫った政策転換の兆候に注目している。

INGのアジア太平洋地域調査責任者、ロバート・コーネル氏は「上田氏が近い将来に政策正常化に向けた明確なシグナルを発するとは思えず、市場は再び失望するだろう」と述べた。

「しかし、最近のインフレの鈍化を考慮すると、彼の様子は以前よりも悪化するかもしれない。」

アジア序盤の日本国債利回りは0.65%で、11月の0.97%から上昇した。

ほとんどのアジア株は、市場を動かすデータやイベントがほとんどない中、S&P 500指数を新たな記録的高値に押し上げたウォール街の一晩の上昇に追随して上昇した。

海外売上高の停滞と信頼感の弱さにより、優良企業の売上高は5年ぶりの安値に下落しており、中国が再び外れ値であることが証明されている。

中国の優良株は前日1.6%下落した後、0.7%下落し5年ぶりの安値となった。 香港のハンセン指数は月曜日に2.3%下落した後、0.4%反発した。[.N]。

投資家はNetflixの収益に期待しており、期待は総じて明るい。 GE、JPも。 モルガンは来年の収益がストリートやクリエイティブを上回ると予想しており、投資家は航空利益率が19%以上になると予想している。

新年を迎え、トレーダーらは米連邦準備理事会(FRB)の最初の利下げの時期を先送りしており、3月の確率は現在40%となっている。 しかし、今年はさらに5回の利下げが行われると予想している。

欧州中央銀行(ECB)は木曜日に会合を開き、金融政策は引き続き安定すると予想されている。

日銀の決定前、為替市場はほぼ横ばいとなった。 ドルは今年に入って好調で、主要通貨に対して2%上昇したが、最近の動きは103.35でレンジ内となっている。

投資家が債券価格の下落を利用して市場に参入したため、米国債利回りはほとんど変化しなかった。 10年債利回りは4.0995%とほとんど変わらず、2年債利回りは4.3868%となった。

ロシアのノバテク燃料ターミナルに対するウクライナの無人機攻撃が供給混乱を引き起こしたことを受け、原油価格は火曜日一晩で2%上昇し、上昇幅を縮小した。 [O/R]

米国産原油は一晩で1バレル=74.72ドルから75.75ドルと1カ月以上で2.4%上昇したが、ブレント原油先物は0.1%下落して79.79ドルとなった。

金現物は1オンス2,022.19ドルで安定していた。

(報告:Stella Qiu、編集:Stephen Coates)

READ  習近平は、係争中の千島列島に関する毛沢東の伝統的な立場を「破る」。 ロシアを支持し、日本を阻止する