9月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本株式会社テクノロジーを購入する

日本株式会社そのレガシービジネスがますます排除されるにつれて、外国のテクノロジー企業のための新しいオプションが出現しています。

最近は誰もがハイテク企業になりたいと思っており、日本企業も例外ではありません。 デジタル製品およびサービスにおけるグローバルな競争力を高めるための大規模な見直しにおいて、これらの企業は、パフォーマンスの低いレガシー部門および子会社を販売し、買い物をしているグローバル企業に移動しています。

伝えられるところによると、日立は4月に、ペインキャピタル主導の投資ファンドコンソーシアムと交渉して、金属部門の日立金属を約70億ドルで売却した。 日立は、ITに焦点を当てた企業への変革を目指して、3月に米国のデジタルエンジニアリングプロバイダーであるGlobalLogicを90億ドルで買収しました。

以前、2020年12月、富士通は58億ドルの買収ドライブでM&Aを増やす計画を発表しました。 日本企業は、携帯電話やパソコンの部品販売に向けた取り組みを発表したことを受け、対象企業約20社の買収に関心を示している。

2018年、富士通はPC部門のFujitsu Client Computingを中国の多国籍テクノロジー企業Lenovoに譲渡しました。この企業は、2億2400万ドルの合弁事業の結果、ユニットの51%の株式を取得しました。

当時、富士通は携帯電話ユニットを東京に本拠を置くプライベートエクイティ会社のポラリスキャピタルグループである富士通コネクテッドテクノロジーズに売却していました。 富士通はオフラインモバイル事業の30%の株式を保有することになっていた。

日本株式会社レガシービジネスをますます排除するにつれて、外国企業のための新しいオプションが出現しています。 日経によると、第2四半期の日本企業のM&Aの流出は、7月の1年ぶりの安値から6倍に増加した。

4月

パナソニックは、日立の買収に加えて、米国を拠点とする流通チェーン管理会社およびコンサルティング会社のブルーヨンダーの買収に71億ドルを入札しました。 これは、パナソニックの過去10年間で最大の海外買収目標です。

READ  日本は、ケースが記録を打ち立てたため、COVIDの縁石の下で2倍の地域に設定されました