11月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本総合研究所と三菱は、米国の高速原子炉で協力する予定です

関係筋によると、日本原子力研究開発機構と三菱重工業は間もなく、米国のベンチャー企業との間で、急速な核開発プログラムの技術支援を行うための覚書に署名する予定だという。

福井県のもんじゅ型原子炉や茨城県の増殖原型炉などのナトリウム冷却高速炉の運転実績を持つ同社は、テラパワーへの運転データや設計の提供を検討している。 MicrosoftCorporationのBillGatesによって設立されました。

テラパワーは、2024年からワイオミング州にナトリウムを冷媒として使用する高速原子炉を建設し、345,000キロワットを生産することを計画しています。 米国エネルギー省は、2028年に完了する予定のプロジェクトに資金を提供しています。

協力の詳細についてはまだ議論中ですが、情報筋によると、同社は茨城県にあるアテナのナトリウム試験施設を利用してセキュリティ技術を開発することも検討しているという。

日本は、発電所で使用された核燃料から抽出されたプルトニウムを再利用するという核燃料リサイクル政策を採用しており、プロジェクトでは高速原子炉が重要な役割を果たしています。

しかし、消費量よりも多くのプルトニウムを生産する最速の原子炉と考えられていたモンチュ原子炉が故障したため、国内開発は中止された。

高速プレデター原子炉開発プロジェクトの第一段階として開発されたZyoテスト高速原子炉は現在保留中です。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  日本の7月の鉄鋼生産は、需要の回復を反映して32.5%増加しました。