2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本賞のブロンズ料理賞状

日本賞のブロンズ料理賞状

参加者は刺身用のサバをさばく練習をする。

南カリフォルニアの15人のプロのシェフと家庭料理人が、日本の農林水産省(MAFF)が管理するブロンズ認定コースの要件を満たした最初のグループとなったと、リトル東京の会長デイビッド・池上氏が今週発表した。ビジネス協会。 、プロジェクトの手配を調整するのに役立ちました。

手削りかつおと昆布を使っただしを使った講座が11月1日、リトル東京の栄菊館で開催された。 新しくオープンしたこの高級レストランは、Sushi Go 55や米国で2番目にオープンする寿司バーの本拠地であるリトルトーキョーの伝説的なレストランEikikuでおなじみのレストラン経営者、森下智子氏がオーナーです。

かつやグループ総料理長 久木田真司氏(手前) シェフジュンのイカ前菜をタップして調理デモンストレーションを行います。

日本料理普及協会代表理事の三宅健介氏が認定コースの講義部分を主導しました。 The Hidden Japan のデレク・ヤマシタが文化交流イベントをコーディネートしました。

東京浅草地区のカトーグループと東京浅草地区の招待制高級レストラン「カニカトウ」の総料理長である岡田淳シェフは、39歳で米国でのオープニング研修プログラムの責任者に選ばれ、日本最年少の総料理長の一人。 彼は日本政府から多くの賞を受賞しました。

プロの野心的なシェフのグループは、ロサンゼルスの副総領事であるアヨシマ・ナオシケ氏に歓迎されました。

AAJCAの三宅健介氏、シェフの岡田淳氏、The Hidden Japanのデレク・ヤマシタ氏、LTBAのデイビッド池上氏。

翌日、永菊亭ではジュンシェフによる日本料理の実演が行われ、その後、アラスカイカやタラバガニなどの試食が行われました。

トレーニングと調理デモンストレーションの両方に対する技術サポートとスタッフは、南カリフォルニアで 10 店舗とシアトルで 1 店舗のレストランを運営するかつやグループの総料理長久木田真司氏によって提供されました。

池上氏は、来年もこの番組が復活することを願っていると語った。

写真提供:エレン・エンドウ

READ  日本の主力ロケットH3は、昨年の打ち上げ失敗後の重要な2回目の試験で計画した軌道に到達した。