5月 26, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本電信電話:日本初の国際ISO37106スマートシティ証明書(BSIカイトマーク証明書)の取得

NTTアーバンソリューションズ株式会社 (本社:東京都千代田区、会長兼最高経営責任者:中川宏、現「NTTアーバンソリューションズ」)ISO37106は、スマートシティオペレーティングモデルの国際認証の取得を発表しました。 25日本で初めてTh 2022年1月、名古屋市、NTTアーバンソリューションズ、NTT、アーバンネット名古屋ネクスタビル、アーバンネット名古屋ビル、ブロッサ商業施設(以下「東区」)が東区東桜にある市街地へ。エリア、1丁目グループのアーバンDTC®は、デジタルプラットフォームに基づいて、人間中心のオープンで協調的なコミュニティの構築に取り組んでいます。

認定の取得は、スマートスマートパートナープランの一部の実装を反映しています* 1 (現在は「SSBP」)、日本電信電話株式会社(本社:東京都西田区、本社:澤田純、現在は「非破壊検査」)が推進する取り組みであり、幅広い支援を行っています。 NTTデータ経営研究所。 (本社:東京都千田区、代表取締役社長:柳恵郎、以下「NTTデータ経営コンサルティング研究所」)持続可能なまちづくりの展望。

* 1SSPPの概要 https://digital-is-green.jp/

1.ISO37106取得の概要と背景

世界中でスマートシティとして広く認識されている都市で、スマートシティISO認証の取得が進んでいます。 ISO37106認証(以下「認証」という)は、そのような認証の1つであり、スマートシティの管理と運用に関する戦略とプロセスを評価するために確立された国際規格です。 持続可能な未来のビジョンを実現することを目指して、開発中のスマートシティまたは企業をリードする企業は、ガバナンス、プライバシー管理、および利益実現構造の成長に貢献するためのベストプラクティスを提唱しています。 人間中心のオープンで協調的なデジタルテクノロジーベースの都市機能モデルの機能。 証明書は、そのようなベストプラクティスとの互換性のレベルの評価を反映しています。
NDTアーバンソリューションズは、居住者中心のコミュニティを作成すると同時に、その独自性を活用することを目指しています。 第一世代の次世代先進物件であるアーバネットノコヤネフタビルが位置する東桜ブロックでは、人間中心のデジタルテクノロジーを基盤としたオープンで協力的なコミュニティの成長を認められています。 NTTアーバンソリューションズは、NTTグループの強みを発揮できるデジタル技術を駆使し、ユーザーや近隣のニーズを可能な限り迅速かつ効率的に捉え、地域で培われた人間の専門性を高める機能モデルの開発に成功しました。 。 -一元化された開発と機能。 Society 5.0ベースのパイロットモジュールの開発に携わる企業として、この取り組みの成功を構築し、ユーザーが常により良いサービスを利用できる、成長し続けるコミュニティを作成することを目指しています。

[Reference] ISO37106要件に対応する評価ポイント

  1. (1)人間中心:ICTテクノロジーの使用による幸福とストレスのない仕事とライフスタイルの認識、居住者がさまざまな場所から選択し、快適に生活/仕事し、統合するためのワンストップソリューションベースのユーザーインターフェイスアーバンプロセッサーで。
  2. (2)データドリブン:都市開発の全体的な最適化に焦点を当てたデータドリブン都市開発を実現するために、建物内のデータを収集するデータベースを採用することにより、データを水平方向に使用しました。
  3. (3)コラボレーション:さまざまなタイプのビジネスに関与するユーザーとの対話を促進し、Digital Community Managerアプリケーションを使用してプラットフォーム上にラウンジを提供することにより、オープンな発見を促進します。

この証明書は、i)ブロック内のテナントと労働者のフィードバックに基づいて、運用とサービスをより柔軟な手順とライフスタイルに変換するPDCAプロセスを改善する試みです。ii)使用による相互更新を通じて更新できるプログラムの確立他のモジュールのプロセスの、およびiii)。

2.東桜ブロック(アーバンネット名古屋ネフタビル、アーバンネット名古屋ビル、プラザ商業施設)の概要

1-Som、Hikashi-Sakura、Hikashi-ku、Nakoya-shi、Urbannetと、NakoyaNextaビルエリアのUrbanNokoyaビルとPlaza商業施設の3つのビル。* 2 、2022年1月31日に完成し、幅広い活動を生み出し、相乗効果をもたらすコミュニティを構築するための努力がなされます。 また、NTTアーバンソリューションズは、スブ電力の未来タワーだけでなく、鳳久公園に隣接するスペースなどを活用し、ソークエリアのSKGの活力・達成・装飾に貢献していきます。 ナコヤのシンボルですが、その改革に続いて、新しいコミュニケーションの場として機能します。
新たに完成したアーバンネット名古屋ネフタビルは、次世代先進オフィスビルの最初の物件として設立され、今後の仕事やライフスタイルの実現計画が進んでいます。 この建物は、複数のセンサーとICTサービスを導入することにより、ユーザーのデータを保存および分析する機能を提供します。 このイニシアチブは、東ジャクラブロックの建物だけでなく、NTTアーバンソリューショングループが他のブロックで実施しているプロジェクトにも同時に使用されます。 さらに、他のモジュールとの相互統合が容易になります。 NDTアーバンソリューションは、建物の管理とパフォーマンスを向上させるために、建物の労働者とビジネス訪問者、および建物のオペレーターに提供されるサービスのアップグレードに取り組みます。

これらの取り組みは、UrbanDTC®によってサポートされています* 3、NDTグループを推進するために団結したプラットフォーム。 また、こうした価値創造システムやサービスを統合することで、新たな価値を創造します。

* 22022年2月1日のNTTアーバンソリューションズとNTTアーバン開発のニュースリリース
次世代先進オフィス、アーバンネットなこやネフタビルの完成
https://www.nttud.co.jp/news/detail/id/n26355.html

* 32021年2月2日のNTTおよびNTTアーバンソリューションズのニュースリリース
開発と性能実験の立ち上げNTTグループのUrbanDTC®デジタルプラットフォームベースのテクノロジーが将来の都市開発イニシアチブを改善
https://www.ntt-us.com/news/2021/02/news-210202-01.html

3.今後の計画

NTTチームは、人々の多様な価値観を尊重するコミュニティを構築することが持続可能性につながると信じています。 社会問題を解決し、コミュニティ5.0を実現する他の方法で最先端のICT技術と国際標準を使用することにより、幸福を提供する持続可能なコミュニティの作成に貢献します。
チームはISO37106の認証を取得し、東桜1-SOMプロジェクトで得た知識と専門知識を全国のコミュニティの発展に応用します。 特に、NTTデータ経営研究所は、認証のサポートを提供し、全国の地方自治体や組織にアドバイザリーサポートサービスを提供しています。幸福に準拠したグローバルスタンダード。
NTTチームは、SSPPが推進する地域や地域の発展を支援し、住民(住民、地方自治体、組織、NPO、教育機関など)が主導し、持続的な幸福(地域や住民)の向上に努めています。 ‘幸福)、周辺地域とのコラボレーションを促進および促進します。

注1.ISO37106の概要

認証は、持続可能な都市とコミュニティ開発のためのスマートシティパフォーマンスモデルのベストプラクティスを推奨するためのガイドラインベースの認証です。
認証は合計17の主要製品で構成され、発行のポリシー、市町村間の境界に基づく発行の主要なプロセス、利益の実現、および主要なリスクを評価します。
たとえば、この証明書で要求された項目を満たすことにより、利害関係者間のコンセンサスを作成し、垂直に分割された構造を分解する部門横断的な組織を作成し、市民ベースのサービスを提供し、繰り返しを通じて持続可能な成長を生み出すシステムを作成することができます。 PDCA。 自転車。

READ  日本:マグニチュード5.9の地震がシバ県を揺るがす