9月 22, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本:運動家が決定を批判する中、自動販売機でクジラ肉を販売 | 世界のニュース

日本:運動家が決定を批判する中、自動販売機でクジラ肉を販売 | 世界のニュース

日本の会社が、鯨肉を販売する機械を公開した後、動物愛護活動家から批判されました.

国内第 2 の都市である横浜の 3 台のマシンは、お客様にクジラ ステーキ、クジラ ポーク、クジラの刺身を提供しています。

価格は約 1,000 円 (£6) から 3,000 円 (£19) で、主に捕獲されたクジラで構成されています。 日本.

画像:
鯨肉の缶詰の画像が機械で表示されます

捕鯨会社共同船鯨の所秀樹社長は、「無人店舗」によって、多くの店舗が敬遠してきた食品の販売が復活することを望んでいると語った。

「反捕鯨団体から嫌がらせを受けることを恐れて、クジラを使わない大型スーパーマーケットがたくさんあります。そのため、クジラを食べたくても食べられない人がたくさんいます」と彼は言いました。

そんな方々に食べていただける場を提供できればと考えてお店を開いています。

店の前を通りかかった何人かの通行人は、クジラを食べる準備ができていたが、努力をしなかったと言った.

「外には買いに行かない。普段は鶏肉を食べている」と話すのは、接客業の稲本うららさん(28)。

同社は最近、東京に 2 つの同様の店舗を開設し、2 月には西部の都市である大阪に 4 つ目の店舗を開設する予定です。

また、今後 5 年間で 100 か所に拡大することも目指しています。

しかし、政府は鯨を食べることは日本文化の重要な部分であると主張しているが、消費はここ数十年で劇的に減少している.

日本の捕鯨会社である共同選鉱株式会社の所秀樹社長は、鯨肉消費者の金子麻央氏と元町商店街の宝田浩総裁とともに、横浜での彼の会社の開店時にテープカットを行った。  、 日本
画像:
横浜店正式オープン

2021年に日本で消費された鯨肉はわずか1,000トンで、1962年の人気絶頂時の233,000トンから減少した.

対照的に、鶏肉と牛肉の消費量はそれぞれ 260 万トンと 127 万トンでした。

擁護者は自動販売機を批判しています。

鯨とイルカの保護のための日本の政策の責任者であるキャスリン・マセスは、次のように述べています。

横浜にある日本の捕鯨会社が運営する自動販売機のある店の開店日に、客が鯨肉を購入する。

国際捕鯨委員会 (IWC) – クジラの保護を監督する世界的な組織 – は、一部の種が絶滅に近づいた後、1986 年に商業捕鯨を禁止しました。

しかし、日本は調査目的の捕鯨を続けた。 同国は後に IWC から脱退し、2019 年に商業捕鯨を再開した。

READ  「こいのぼり」とは何ですか。今週、なぜ全国にあるのですか。