5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本10月〜12月 GDP成長率は年間5.6%と予測

経済


東京、2月。 1(時事通信社)-昨年10月から12月の日本の実質国内総生産は、11の民間シンクタンクの予測によると、前四半期から平均1.4%増加し、年間5.6%増加したと推定されています。

2021年の最終四半期に新しいコロナウイルスの症例数が減少する中、個人的な支出は前の四半期に沈んだ後、2.2パーセント増加したと推定されています。

9月末に第4次コロナウイルス非常事態宣言が完全に解除され、レストラン、ホテル、エンターテインメントなどのサービス業への支出は、夏の深刻な不振から急激に回復したと考えられています。研究所は言った。

半導体の不足とコロナウイルスの急増によるサプライチェーンのボトルネックの中での急激な落ち込みに続く車両生産の好転のおかげで、新しい自動車販売も回復しました。

輸出は、主に海外からの自動車需要の伸びにより、0.4%増加すると予測されています。 企業の設備投資の増加は0.6パーセントでした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信社

READ  Googleのトパーズケーブルはカナダと日本を接続します