8月 13, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日米両国が中国、ロシアに反対する経済対話を開始

日米経済政策諮問委​​員会(EPCC)で、林芳正外相と萩生田経済産業大臣とともに、アンソニー・ブリンケン米国務長官とジーナ・ライモンド商務長官が家族写真に参加しました。 2022年7月29日にワシントンの国務省。 ロイター/トムブレナー/プール

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、7月29日(ロイター)-長年の同盟国である日米は金曜日に新たなハイレベルの経済対話を開始し、中国に反対し、ロシアのウクライナ侵略による混乱に対抗した。

日本のメディアは、ワシントンでの経済的な「ツープラスツー」閣僚会議が、主要部品の安全な供給源を確立するための次世代半導体の共同研究に合意することが期待されていると報じた。

会議の議長は、アントニー・ブリンケン米国務長官、ジーナ・ライモンド商務長官、林芳正外相、萩生田貿易相が務めた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ブリンケン氏は開会式で、「世界第1位と第3位の経済大国として、すべての国が参加し、競争し、繁栄できるルールに基づく経済秩序を維持するために協力することが重要である」と述べた。

ブリンケン氏は、Covid-19やウクライナ戦争などの最近の世界的な出来事は、重要なサプライチェーンの脆弱性を示している一方で、新興国は長期にわたる透明性のある融資慣行によって引き起こされる債務負担に苦しんでいると述べた。

「中華人民共和国の強制的で報復的な経済慣行は、国々に彼らの安全、彼らの知的財産、彼らの経済的自由を危うくする選択をすることを強いている」と彼は言った。

半導体

日本の林氏は、ロシアのウクライナ侵攻は国際秩序に深刻な挑戦をもたらし、直接名前を挙げなかったが、中国を指摘し、「経済的影響力を不当かつ不透明に利用すること…戦略的利益を追求し、…既存の国際秩序」。

「これに効果的に対処するためには、外交政策と経済政策を別々に議論するのではなく、外交政策と経済政策を一体として議論する必要がある」と林氏は述べた。

日本の日経新聞は、2ナノメートルの半導体チップを研究するために、今年末までに半導体開発センターを日本に設立すると報じた。

プロトタイプの製品ラインを含み、2025年までに半導体の生産を開始し、センターの設立に関する合意は、会議後に発表される声明に含まれると述べた。

台湾は現在、スマートフォンなどの製品に使用される10ナノメートル未満の半導体を製造しており、台湾や中国に問題が発生した場合の供給の安定性が懸念されています。

金曜日の会議は、台湾をめぐる緊張が高まっている時期に開催されます。

木曜日、中国の習近平国家主席は、米国下院議長のナンシー・ペロシが中国の主張する島を訪問する可能性に対する北京の懸念を強調し、ジョー・バイデン米国大統領との会談で台湾に火をつけることに対して警告した。 続きを読む

それは、米国下院が木曜日に、中国や他の外国のメーカーと競争する国内の半導体産業に助成金を支給するための抜本的な法律を可決した後のことです。 続きを読む

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

SimonLewisとDavidBrunstromによる報告。 東京のElaineLiesによる追加レポートGarethJonesによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ビデオを聞いている死んだスリランカの女性の家族