4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀が予想通り画期的な政策転換を行った後、日本株は下落、円は150円まで下落 – TradingView ニュース

日銀が予想通り画期的な政策転換を行った後、日本株は下落、円は150円まで下落 – TradingView ニュース

火曜日の日本株は乱高下し、円は1ドル=150円近くまで下落した。これは、8年間にわたるマイナス金利政策を終了し、2007年以来初となる金融引き締めを導入するという日銀の措置として広く予想されていたことだった。

世界中で中央銀行の会合が集中する一週間に、日銀は新たな時代の到来を告げた。

日銀は翌日物コール金利を新たな目標に設定し、金融機関が中銀に保有する超過準備に0.1%の金利を支払うことで0─0.1%の範囲を誘導すると述べた。

日銀の上田和夫総裁は午後3時半(0630GMT)に記者会見を開き、この決定を説明する予定だ。

日本の日系人 NI225 円相場は上昇と下落を行き来しながら活発に推移した 米ドル円 ドルは0.39%安の149.74ドルとなった。これは、数週間にわたる政策示唆やメディア報道を受けて、画期的な転換点がすでに市場に織り込まれていたことを示している。

MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も幅広い指数( .MIAPJ0000PUS )は0.66%下落した。 中国株も下落、香港指数も下落 HSI 優良株は1%以上下落 3399300 0.3%削減されました。

中央銀行ボナンザ

オーストラリア中央銀行は火曜日、予想通り金利を据え置いた。

金融市場は6月以降、他の主要中央銀行の利下げを織り込んでいるが、RBAはそのような年央の織り込みを伴わない注目すべき発表となる。

オーストラリアドル オーストラリアドルUSD 引け後は0.4%安の0.6534ドルとなった。 豪ドルは今年、対米ドルで4%下落している。

市場では政策当局者の景気回復やパウエル議長のコメント、金利見通しに注目が集まっており、水曜日は中銀金利が据え置かれると広く予想されている。

先週発表された予想より強いインフレ報告を受けて、トレーダーらは今年の利下げへの賭けを減らし、市場は今年の緩和幅を71ベーシスポイント織り込んでいる。 今年初め、トレーダーらは150bpの利下げを織り込んでいた。

CMEフェドウォッチツールによると、トレーダーらはFRBが6月に緩和サイクルを開始する確率を54.7%と織り込んでおり、これは従来の予想を大きく下回っている。

MFSインベストメント・マネジメントの首席エコノミスト兼ポートフォリオマネジャー、エリック・ワイズマン氏は「FRBは6月の利下げが抜本的かどうかは明らかにしないが、その代わりに今年も追加利下げが予想されると引き続き自信を表明するだろう」と述べた。

ワイズマン氏は、来月発表予定の次回インフレ報告書に多くの材料が乗るだろうと述べ、「また強い結果が出ればFRBの今年の利下げに疑問が生じる可能性がある一方、数字が下がれば6月の利下げスケジュールが後退する可能性がある」と述べた。

ベンチマークとなる10年物国債の利回り US10Y アジア時間では月曜日に3週間ぶりの高値4.348%を記録した後、1.4ベーシスポイント下落し4.326%となった。 利回りの上昇によりドルも指数も上昇した DXY 2週間ぶりの高値となる103.67を付けた。

商品の中でも金は 最安値は1オンス当たり2160.51ドルだった。 アメリカ原油 CL1! ブレントは0.16%下落し、1バレルあたり82.59ドルとなった。 BRN1! この日は0.17%安の86.74ドルとなった。

西アフリカの不作による供給不足を追い風に、月曜日にはニューヨークとロンドンのカカオ先物相場が4%以上上昇し、過去最高値を更新した。

READ  米国、フィリピン、日本の沿岸警備隊がフィリピンで三者連携を実施