2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀の太田純総裁が死去、65歳

日銀の太田純総裁が死去、65歳

エディターズ ダイジェストを無料で開く

三井住友フィナンシャルグループの最高経営責任者(CEO)であり、米国と東南アジアにおける同銀行の最近の拡大の波の立役者であるジュン・オオタ氏が65歳で死去した。

同社が月曜日に発表した先週の太田氏の死は、時価総額で日本第2位の銀行であるSMFGのトップとして4年間務め、出世を重ねたキャリアの末に死去した。

積極的な海外進出で最近の評判を確立したことに加え、太田氏は最近の最も痛ましいエピソードの一つである証券会社SMBC日興証券における市場操作疑惑を巡る不祥事を通じて金融グループを率いた。

このスキャンダルは複数の逮捕と複数の幹部やトレーダーの継続的な起訴につながり、ブロック取引とSMFGの主要銀行部門と証券会社部門の間で情報が不適切に受け渡された方法に焦点を当てていた。

2022年11月、金融庁が業務改善命令を出したことを受け、太田氏もSMBC日興会長とともに記者会見で正式に謝罪した。

同世代の多くの銀行家と同様、太田氏もキャリアのほとんどを、多くの企業が銀行融資への依存度を下げることを学んだ日本経済の長期停滞と縮小の時代を乗り切ることに費やした。 日本の人口も減少し始め、銀行は海外での成長を模索せざるを得なくなった。

1982年に銀行に入行した後、キャリアの一部をシンガポールで過ごした太田氏は、インド、インドネシア、その他の東南アジア経済への拡大を推進するSMFGの上級幹部の一員であった。

ウォール街でのSMFGの拠点を拡大する同氏の動きは、2021年にジェフリーズ・フィナンシャル・グループとの提携を中心としており、SMFGは米国グループの株式4.9%を取得することに同意した。

SMFGは今年、公開市場でジェフリーズ株を購入し、保有株式を3倍にする計画だと述べた。

SMFGとジェフリーズとの提携は、米国で利用可能な収益性の高いビジネスをより多く獲得するための日本の最大手銀行による広範な取り組みの一環である。 2008 年の金融危機の際、日本最大の銀行グループである三菱 UFJ はモルガン・スタンレーと提携を結び、投資銀行業界で国内の最も強力な勢力の 1 つに成長しました。

今年、日本第3位の銀行であるみずほ銀行は、競合他社に負けないようウォール街のM&Aコンサルタント会社グリーンヒルの買収を発表した。

SMFGは太田氏の後任を今後決定し、その間に中島亨副社長がCEO代理に就任すると発表した。

READ  ブルー・オリジン:アマゾンのCEOを長年務めたデイブ・レンプ氏がジェフ・ベゾスのロケット会社を引き継ぐ