2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

映画「クラレンスの書」は聖書の残酷な場面を再現(ネタバレ)

映画「クラレンスの書」は聖書の残酷な場面を再現(ネタバレ)

彼は遊ぶ

スポイラー警告! 「クラレンスの書」(現在劇場公開中)の重要なプロットのポイントと結末について説明しますので、まだ見ていない場合は注意してください。

「クラレンス書」は、別の種類の聖書の物語を語っており、そのタイトルは、金儲けを目的としたイエス・キリストの時代の偽預言者に焦点を当てています。 しかし、脚本家兼監督のジェームズ・サミュエルは映画の最後で真剣な表情を浮かべ、磔刑と復活を現代的な響きで再考している。

西暦33年を舞台にしたこの映画は、聖書の叙事詩ジャンルをダークに解釈したもので、ラキース・スタンフィールドがエルサレム出身の薬草医クラレンスを演じ、人々がイエスとその使徒たちにどのように接しているかを見て、同じ敬意を払うことを望んでいる。 彼は自らを「新たな救世主」と宣言し、友人のイリヤ(R・J・サイラー)とともにイエスの奇跡を撮影し、一般人から金を巻き上げた。

クラレンスは奴隷解放などの善行をしようとするが、イエスに似た「反キリスト」(ニコラス・ピノック)を狙うポンティウス・ピラト(ジェームズ・マカヴォイ)に捕らえられる。 クラレンスが驚いたことに、ローマ総督が水の中を歩くように命令し、ピラトに十字架につけるように強制したときも、クラレンスは溺れなかった。

サミュエルはクラレンスを通して、イエスの十字架の背負いと磔刑を残酷なまでに効果的に再現します。 クラレンスは、見物人が物を投げたり、ローマ兵が彼を鞭で打ったりする中、十字架を背負って丘を登るのに苦労しており、ある時点で母親(マリアンヌ・ジャン=バティスト)は「彼らはいつも私たちの子供たちを連れて行っている!」と叫びました。

「クラレンスの本」: 新しい映画がハリウッドの聖書叙事詩に「威厳」をどのように取り戻すか

「クラレンス書」は「青い目のイエス」の図像から逸脱している

このシーンでクラレンスが背負っている重荷は「私たち全員が背負っている十字架」だとサミュエルは言う。 「これは、私たちが自分たちの環境や環境の中で成長するときに感じることであり、親はいつも子供たちを受け入れてくれていると感じます。変わったものもたくさんありますが、変わっていないものもたくさんあります。

「それは私が言わなければならなかった真実だった」と監督は言う。 「笑い、笑顔、喜び、笑いとともに、その日までそれが来るとは分からない痛みもありますが、それは常に私たちの上に漂います。」

磔刑に向かって歩く黒人男性のイメージは、「サイケデリックなバージョンから私たちを連れ出してくれます」と、洗礼者ヨハネを演じ、自身も敬虔なクリスチャンであるデヴィッド・オイェロウォは言う。 「私たちは、この十字架を持った白人、時には金髪で青い目のイエスという図像に慣れています。それがこれまで見てきたものからかけ離れているということは、突然、別の方法でそれに近づくことができることを意味します。」

スタンフィールドは撮影中の「たくさんの感情」を覚えている。 「十字架は不当に重かったわけではありませんでしたが、軽くもありませんでした」と俳優は靴を脱いで足下の石を触りながら語った。 「鞭で背中を叩かれるというイメージは、私には思い浮かびませんでした。また、それが何を示し、意味するのか、つまり権力構造や、人々を服従させるために抑圧がどのように利用されたのか、ということは思い浮かびませんでした。

「私は、ただ真実を伝えたいという思いと、なんとかやっていきたい、解放されたいのにそれができないという思いを何年も抱えているように感じました。そして、あなたはすべての一歩を価値あるものにし、血を流しました。そして、その汗とその困難な側面にはそれだけの価値があります。」

ジェイムズ・サミュエルの感動的な復活シーンは私たち全員へのメッセージを含んでいます

聖書にあるように、クラレンスは十字架で死にましたが、復活しました。 映画の最後のシーンで、イエスはクラレンスが埋葬されている墓の石を割り、彼に起き上がるように言います。 「わたしを信じる者は、たとえ死んでも生きるでしょう」とイエスはクラレンスに語りかけ、かつて不信者だった人の頭上に電球が光り、クラレンスを笑顔にし、泣かせました。

サミュエルは、聴衆に自分自身のイメージを持って帰ってもらいたいと考えていました。「私たちはここにいます、そして私たちは生きています」と彼は言います。 「クラレンスにはもう一度チャンスが与えられたが、その時間をどうするつもりだ?」

11 歳のときの記憶に一部影響を受け、彼は時間とは「これが私たちの時間」を意味する略語だと信じていました。

「そう考えると、人への扱いがずっとよくなります。今自分が何をしているのか、もっと意識できるようになるでしょう。なぜなら、私たちは太陽を一目見るためにここにいるだけだからです」とサミュエルは言います。 . しかし、その一目で、太陽は私たちのものです。「彼をどうするつもりですか?」

「バービー」から「キーパー」へ: 今すぐストリーミングする必要がある 15 本の映画をご紹介します

READ  バービーとオッペンハイマーの興行収入がデメテルの最後の飛行を記録 - ハリウッド・レポーター