6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

最新 | ハマスは停戦交渉継続のためカイロに代表団を派遣

最新 | ハマスは停戦交渉継続のためカイロに代表団を派遣

ハマスは木曜日、最新のエジプトの提案を受けて、停戦交渉の作業を継続するため、できるだけ早くカイロに代表団を派遣すると発表した。 ハマス指導者のイスマイル・ハニヤ氏は声明で、エジプト情報機関のトップと会談し、「停戦案の検討における運動の前向きな精神を強調した」と述べた。 声明では、代表団の渡航時期については触れていない。

アントニー・ブリンケン米国務長官は今週、停戦合意に向けた新たな努力のため中東に戻った。 提案されている停戦案では、戦闘の停止とガザへの切望されている食料、医薬品、水の配達と引き換えに、ハマスが拘束している人質を解放する内容となっている。 パレスチナ人捕虜も合意の一環として釈放される予定だ。

もし イスラエル・ハマス戦争 木曜日に発表された国連の試算によると、きょう作業が中止された後、包囲地域での約7か月にわたるイスラエルの爆撃と地上攻撃で破壊されたすべての家屋を再建するには2040年までかかるという。

この戦争により、ガザの230万人の住民の約80%が家を追われ、多くの町や都市で広範な破壊が引き起こされ、ガザ北部は故郷から追い出された。 餓死寸前まで。 ガザ地区の死者数は3万4500人以上に増加 地元の保健当局によるとこの地域の全住民が人道上の大惨事に追い込まれた。

戦争は10月7日にパレスチナ武装勢力が攻撃を開始して始まった イスラエル南部に対する前例のない攻撃約1,200人(そのほとんどが民間人)を殺害し、約250人の人質を誘拐した。 イスラエルは武装宣言 彼らはまだ約100人の人質を抱えている 他にも30体以上の遺体があった。

現在:

ハマスが停戦を検討している間疑問は残る:イスラエルはグループを破壊することなく戦争を終わらせられるだろうか?

-コロンビア大統領は国がそうするだろうと述べた イスラエルとの国交断絶 ガザ戦争について。

– バイデン政権は必要な措置を検討している パレスチナ人が家族を呼び寄せるのを支援する 地域から。

抗議活動と警察の行動がアメリカの学校を揺るがす中イスラエルとハマスの戦争に関する継続的なメディア報道は一時的に停止された。

-学生ジャーナリストがけいれん状態でキャンパスを取材する。 彼らが言わなければならなかったことは次のとおりです

-主催者 ユーロビジョン・ソング・コンテスト 私たちはパレスチナの旗やシンボルを撤去する用意があります。

AP通信の戦争報道をフォローしてください https://apnews.com/hub/israel-ハマス-war

最新のものは次のとおりです。

イスラエルの野党政治家がアブダビでUAE外相と会談

エルサレム-イスラエル野党指導者のヤイル・ラピド氏はアブダビでアラブ首長国連邦の外相と会談した。

国営WAM通信は、ラピド氏とシェイク・アブドラ・ビン・ザイード・アール・ナヒヤーン外相との会談を認めた。 エミレーツ通信は、ガザ地区で今も続いているイスラエルとハマスの戦争において、アブドラ首長がラピッドに対し「停戦の達成に努め、地域への拡大を回避することの重要性」を語った、と伝えた。

シェイク・アブドラはまた、恒久的な平和はイスラエル人とパレスチナ人の二国家解決に基づくものでなければならないと述べた。

ラピッドさんはソーシャルメディアXに「最も緊急の課題は人質を帰国させることだ、と伝えた」と投稿した。 現在提案されている停戦案は、イスラエルが拘束している数百人のパレスチナ人捕虜の解放と引き換えに、10月7日のハマス攻撃後に捕らえられた残りの人質の一部を解放することになる。

ラピド氏の訪問は、2020年にイスラエルと外交承認合意に達して以来、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相がアラブ首長国連邦を訪問していない時期に行われた。UAEは特に戦争中、イスラエルとの関係をめぐってアラブ世界で批判にさらされてきた。続けます。 ガザ保健当局は、今回の戦闘で3万4000人以上のパレスチナ人が死亡したと発表した。

イスラエル、国民にユーロビジョン便の再考を促す

エルサレム – イスラエル国家安全保障会議は、来たるべきユーロビジョン・ソング・コンテストのためにスウェーデンのマルメへの旅行を再考するよう国民に促す警告を発した。

同評議会は声明で、マルメを「反イスラエル抗議活動の中心地」と表現し、イスラエル人を攻撃したりイスラエル国旗を燃やすよう呼びかけたりした。

声明は、「こうした展開は、テロリストが抗議活動と反イスラエルの雰囲気に乗じて、ユーロビジョンコンテストに参加するために到着するイスラエル人を攻撃するのではないかという明白な懸念を引き起こしている」と述べた。

彼女はマルメへの旅行は「中程度の脅威」であると考え、マルメに向かうイスラエル人に「旅行の必要性を再検討する」よう勧めたと述べた。

同警告は、5月7日から11日まで開催予定のユーロビジョンコンテスト期間中は継続されるとしている。

ガザでの戦争により、ユーロビジョンコンテストへのイスラエルの参加をめぐる緊張が高まっている。 親パレスチナ団体はマルメで大規模な抗議活動を行うことが予想されており、大会主催者は展示会にあるパレスチナ旗や親パレスチナのシンボルを撤去する権利を留保しているとしている。

ハマス代表団、さらなる停戦交渉のためエジプトへ向かう

カイロ-ハマスは、停戦交渉を継続するためカイロに代表団を派遣すると発表した。

ハマスは木曜日にエジプトの最新の提案に対して返答をすると予想されていた。

同組織の最高指導者、イスマイル・ハニヤ氏は声明で、エジプト情報機関のトップと会談し、「停戦案の検討における運動の前向きな精神を確認した」と述べた。

声明では、ハマスの交渉担当者らは「合意に達することを目的として進行中の協議を完了させるため」できるだけ早くエジプトに向かうと述べた。

声明では、代表団の渡航時期については触れていない。

ドイツ首相とイスラエル首相が電話で人質解放と停戦について語る

ベルリン-ドイツ政府のヴォルフガング・ブヒナー報道官は、詳細は明らかにしなかったが、ドイツのオラフ・ショルツ首相とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が木曜日の電話会談で、ハマスに拘束されている人質の解放と停戦を確保する取り組みについて話し合った、と述べた。

ブフナー氏は電子メールでの声明で、ガザ人への人道援助物資のさらなる改善も議題となったと述べた。

ストックホルム国際平和研究所によると、ドイツはイスラエルにとって米国に次ぐ第二位の武器供給国である。 報告書の公表後、ガザ地区の国連パレスチナ人救済機関との協力を再開すると発表した国の一つでもある。 独立したレビュー その中立性 – イスラエル外務省はこの決定を「残念で残念」と述べた。

保健省、ガザ地区でのイスラエルとハマスの戦争による死者数を28人追加

ベイルート – ガザ保健省は木曜日、イスラエルによる襲撃で死亡した28人の遺体が過去24時間に地元の病院に搬送されたと発表した。 同紙は日報で、病院にも51人の負傷者を受け入れたと述べた。

同省は、これによりイスラエルとハマスの戦争でのパレスチナ人の死亡者数は少なくとも3万4596人となり、負傷者は7万7816人となったと発表した。 の 保健省は差別しない 統計では戦闘員と民間人の間で区別されているが、死者の約3分の2を女性と子供が占めているという。

イスラエル軍は、この主張を裏付ける証拠を示さずに、約1万3000人の武装勢力を殺害したと主張している。

ガザでの戦闘により37万戸以上の家屋が破壊され、修復には少なくとも2040年までかかると国連の報告書は述べている。

ヨルダン・アンマン — 木曜日に発表された国連の試算によると、ガザでの戦争が今日停止した場合、約7か月にわたるイスラエルによる爆撃と地上攻撃で破壊されたガザ地区のすべての家を再建するには2040年までかかるだろう。

UNDPのアヒム・シュタイナー所長は、「この戦争が続く日ごとに、ガザの人々とすべてのパレスチナ人に莫大かつ倍増するコストが課されることになる」と語った。

国連開発計画と西アジア経済社会委員会の新たな報告書によると、ガザ地区では少なくとも37万戸の住宅が被害を受け、そのうち7万9千戸が全壊したという。この報告書は、ハマスの攻撃後に始まったイスラエル軍の攻勢の詳細を詳述している。 10月7日、ガザで少なくとも37万戸の住宅を破壊した。 パレスチナ自治区の経済は破壊されており、紛争が長期化すればするほどその影響は増大するだろう。

イスラエルとハマスの以前の紛争の後、住宅は年間 992 戸の割合で再建されました。 報告書は、たとえイスラエルがガザへの建設資材の5倍増量を許可したとしても、破壊された住宅を修復せずに再建するには2040年までかかるだろうと述べた。

ガザ地区ではイスラエルの攻撃により経済が事実上停止し、経済は2023年最終四半期に81%縮小した。「経済の生産基盤は破壊され」、各部門は90%以上の損失を被ったと報告書は述べた。

約230万人のパレスチナ人が住むガザ地区は、ハマスが2007年にガザ地区を制圧して以来、イスラエルとエジプトによる包囲を受けており、ガザ地区への出入りに厳しい管理が課されている。 戦前でさえ、同国は45%の「過剰失業」に直面しており、若年労働者の間では63%近くに達している。 戦争が始まって以来、約20万1千人の雇用が失われた。

戦争はイスラエルが数カ月間移動制限を課しているヨルダン川西岸にも影響を及ぼした。 報告書によると、2024年にはガザとヨルダン川西岸の両方を含むパレスチナ経済全体がこれまでに25.8%縮小しており、戦争が続けばその損失は7月までに29%、76億ドルに相当するという。

ハマス、イスラエルとの関係断絶というコロンビアの決定を称賛

ベイルート – パレスチナの過激派組織ハマスは、コロンビアのそうするという発表を称賛した。 イスラエルとの断交そのような一歩はパレスチナ人の苦しみを認識することであると考えると。

ハマスは木曜日の声明で、他の中南米指導者らに対し、イスラエルを「国民に対して犯罪を続けるならず者でファシストの存在」と形容し、両国との外交関係を断つよう呼び掛けた。

歴史的に、コロンビアはラテンアメリカにおいてイスラエルにとって最も緊密なパートナーの一つであった。 しかしそれ以来、両国関係は冷え込んでいる グスタボ・ペトロ氏が選出された 2022年にコロンビア初の左翼大統領に就任。

ペトロは、イスラエルによるガザ封鎖を「大量虐殺」と形容し、政府が木曜日付けでイスラエルとの国交を断絶すると発表した。 同氏は以前、イスラエルからの武器購入を停止し、ガザでの同国の行動をナチスドイツの行動に喩えたこともあった。 ハマスはペトロの立場を高く評価していると述べた。

現在のガザ内戦のきっかけとなり約1200人が死亡した10月7日のハマスによるイスラエル南部攻撃から数週間後、ペトロは駐イスラエルコロンビア大使を呼び、同国の軍事攻撃を批判した。

READ  バイデン氏:プーチン大統領の米国武器条約停止は大きな間違い