8月 20, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

月曜日に吹雪が北日本を襲う

日本の気象当局は、月曜日から北海道と北里宮地域で大雪と強風が発生することを警告しています。

気象庁によると、日本海の正面近くの低気圧が北海道に近づいており、大気条件が不安定になっているとのことです。 当局は、日本北部では落雷、ハリケーン、強風の危険性があると述べています。

北陸はすでに雷雨に見舞われています。 降雪のある地域では、雪の滑り台や屋根を避けるように注意することをお勧めします。

北海道とドーハ北部で時折大雪が降る。 一部の場所では、3時間ごとに約10センチの雪が降りました。

当局は、年末年始の後に故郷から帰国することを計画しているときは、最新の天気と交通情報に従うよう人々にアドバイスしています。

月曜日の夕方までの24時間で、北海道の日本沖で最大50センチ、ドーハの日本沖で最大40センチ、ニコタの海岸で最大30センチの降雪が見込まれます。 雪は火曜日まで大雪になると予想されています。

北海道では時速72キロまでの強風が予想され、時速126キロまでの強風が予想されます。

北海道当局は、吹雪や吹雪による交通渋滞に注意するよう人々に呼びかけています。

READ  日本は第二次世界大戦敗北の76周年を祝います。 スカはごめんなさい