7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

杉浦選手の初プロタイトル獲得

杉浦選手の初プロタイトル獲得

最新ニュース

杉浦選手の初プロタイトル獲得


可児市、岐阜県: 月浦裕太 彼は同胞の課題を克服した 稲森佑貴 そして 蝉川大河 日本プロゴルフ選手権でプロ初タイトル獲得。

リーダーボードのトップに2打差で最終ラウンドを迎え、22歳の杉浦は富士カントリーガニクラブでイーブンパー72をマークした。

杉浦は4日間合計18アンダー、268で稲森と蝉川を1打差で終えた。

杉浦の日本ゴルフツアー団体2勝目は、昨年11月にアマチュアとしてオーストラリアのロイヤルメルボルンで行われたアジアパシフィックアマチュア選手権(AAC)で、出場停止処分を無視してダンロップフェニックストーナメントで優勝し、出場権を逃したわずか数週間後にもたらされた。

彼はダンロップのタイトルを獲得した最初のアマチュア、そしてJGTOを獲得した7人目のアマチュアとなり、彼の足跡をたどりました。 松山英樹 そして 中島ジータ二人とも元AAC優勝者です。

杉浦はアマチュアとして傑出したキャリアを積み、2022年大会で母国を勝利に導いた。 アジア太平洋アマチュアゴルフチーム選手権 フィリピンで行われた野村杯では個人最下位に終わった。

去年昨年、彼はスペインのラ・マンガで行われたライダーカップ形式のポナロック・トロフィーで、アジア太平洋ゴルフ連盟対欧州ゴルフ協会の決勝点を獲得するという功績を残した。

1億5,000万円(約150万米ドル) 日本プロゴルフ選手権最終ラウンドでバーディを奪った杉浦は2打差をつけた。 しかし、18番パー4でボギーを叩いた稲森と蝉川は、ホームホールでバーディを奪ってサドンデスプレーオフに持ち込む必要があった。

しかし、杉浦が安堵したのは、両者が同点に追いつくことができたときであり、何が起こったのか疑問に思ったままだった。

杉浦は勝利について「18本立てた後は確かに緊張した。プレーオフの準備はできていたが、幸運にもその必要はなかった。昨年プロになってからの勝利なので、この勝利はとてもうれしい」と語った。

「これは私のキャリアにとって大きな自信となり、トロフィーを掲げることを間違いなく楽しみにしています。」

READ  83歳で、日本人は太平洋を一人で旅行するのに最も古いです