8月 13, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京で確認された日本の2番目のサルインフルエンザの症例

サル痘の日本での2番目の症例は東京で確認された、と首都政府は木曜日に言った、患者、30歳の男性が最初の症例の密接な接触であることを否定した。

男性の国籍や居住地は明らかにされていないが、首都は彼が北アメリカまたは中央アメリカに住んでいて、7月下旬に日本に到着したと言っている。

電子顕微鏡画像はサル痘ウイルス粒子を示しています。 (米国疾病予防管理センターの画像提供)(京都)

彼は水曜日に検査を受け、現在安定した状態で入院しています。

彼女の症状には、口の発疹、頭痛、筋肉痛などがありました。 都は、7月21日、日本に入る前に疲れを感じ始めた後、海外で感染したとみている。

30代の男性が月曜日に東京でサル痘と診断されました。

首都圏政府によると、彼はヨーロッパの国に旅行した。 彼は現在安定した状態にあります。

土曜日の世界保健機関は、発生を世界的な健康緊急事態と宣言しました。


関連する報道:

東京で確認された日本初のサルインフルエンザの症例

WHOはサルインフルエンザを世界的な健康緊急事態と宣言しました


READ  ウクライナとの交渉が始まるにつれ、ユーロは上昇し、円安は回復している