2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京の展望: パリにおける日本の首都の発展

東京の展望: パリにおける日本の首都の発展

東京には、素晴らしい観光名所、歴史的建造物、自然遺産、そしてもちろん美味しい食べ物など、訪問者に提供するものがたくさんあります。 観光客が日本に再入国できるようになった今は、日本の首都が提供するものをすべて発見する絶好の機会です。

パリジャンは幸運にも、東京への旅行中に何が期待できるかを知ることができます。 首都圏政府 11月16日と17日にはフランスの首都で広告キャンペーンを開催した。 この 2 日間、ゲストはラウンドテーブル、カンファレンス、文化体験に招待され、最高のアクティビティや将来の旅行への提案が紹介されました。

参加者は地元住民だけでなく、メディア関係者、旅行代理店、観光専門家など全く初めての方もいらっしゃいました。 やる東京! 広告キャンペーンが開始されました。

アンヴァリッドでのシグネチャーと寿司

初日のイベントはパリのアンヴァリッド地区で行われ、日本の観光業界が設置したスタンドの周りでの集まりから始まった。 目標は、特にフランスの旅行代理店に旅行パッケージを宣伝することでした。

東京都は、観光客の受け入れに向けて最新の取り組みを進めている。 そして、この都市は多くの新しい経験を提供します。 実際、最近、訪問中にやるべきことを数多く提案した一連のガイドが出版されました。

古都として、文化遺産は確かに東京の経験の中心です。 あ 伝統的な文化芸術活動のプログラム 今年起こった最も美しく興味深いイベントを明らかにするために出版されました。

そうした伝統芸術のひとつが書道です。 日本文化にとって重要なこの古代の技術は、16日にパリの聴衆に紹介され、参加者は書道の達人の助けを借りてカタカナや漢字を書くことに挑戦することができました。

もちろん、素晴らしい食べ物に触れずに東京を語ることはできません。 より多くの観光客を呼び込むために、市は最近ガイドを発行しました 最高のベジタリアンとビーガンのレストラン 町の周り。 各場所は慎重に分類されており、各エリアの推奨事項とそこへの行き方に関するアドバイスが記載されています。

より伝統的な料理として、パリのイベントでは寿司のプレゼンテーションが企画されました。 松乃鮨の手塚良氏が主催したこのカンファレンスでは、参加者に寿司文化を紹介し、参加者が自分で寿司を作ることに挑戦することができました。

フォーラム・デ・アールの芸術品と工芸品

フォーラム デ アール ショッピング エリアの広場に 2 つの場所が設置され、イベント 2 日目はよりインタラクティブなイベントとなりました。 朝から夕方まで、食、アート、映画体験を提供しました。

まず、カレーや牛丼などの日本食、手形台、だるま絵などの文化展示を7社が出展することができた。 参加者を驚かせる茶会も開催されました。

観客は、東京東京が制作したビデオの投影でおもてなしされ、子供たちには巨大な塗り絵が用意されました。

映画ファンにとって、イメージフォーラムの 2 番目の会場は、東京の美しさと興奮を捉えた映画を鑑賞できるチャンスです。 プログラムのハイライトには、橋本一氏の「Hokusai」、松井太洸氏の「Rendez-vous a Tokyo」、フランス人クリエイターのシプリアン氏が制作した2つの短編映画が含まれます。みのり“そして”富士山”。 映画がどのように作られたのか、そしてなぜ東京がそれほど興味深い主題なのかについても詳しく説明されています。

訪れるべき緑と回復力のある世界都市

この 2 日間のイベントは、この近代的かつ伝統的な都市を訪問者にとって魅力的なものに保つために行われた努力を示しました。 これは、東京をすべての人にとって緑と強靱な環境に保つための都政府の取り組みによっても可能になります。 2 つの文書はその取り組みの好例です。

東京の目標の一つは、未来志向の国際都市になることです。 東京都環境基本計画に示されているように、その未来はよりグリーンになります。そのダイジェスト版を読むことができます ここ。 この計画は、2050 年に向けた目標と重要なビジョンを定めており、最近のゼロエミッション東京戦略でも参考にすることができます。

READ  ユン・S 韓国、オランダ、米国、日本との半導体協力を強化すると発表:報道