2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京は領海内での中国の監視船の通行に反対し、日本は海軍の見直しに備える

シュバン級調査船

日本の防衛省によると、人民解放軍海軍(PLAN)の査察船が今週、九州南部の島々近くの日本の領海に入った。

シュパン級調査船は、加謝島の西にある日本の接続水域を通って北東に航行し、水曜日の現地時間12:10にクチノラブ島の南西にある日本の領海に入りました。 同船は、屋久島付近を3時間航行した後、日本海を出航し、南東に向かった。 日本の当局者によると、この通過は今年、外国の軍艦によるそのような侵入は4回目であり、記録です。

海上自衛隊 速攻巡洋艦JS ウォッカ (PG-826)、JMSTF P-1 海上哨戒機 (MPA)、九州の鹿屋航空基地の第 1 艦隊航空団、本州の本州海軍航空施設の第 4 艦隊航空団、および 1 機の JMSTF P-3C オリオン MPA PLAN は、那覇基地から運用されている第 5 艦隊航空団から船を追跡した。 日本はこの事件について外交的に抗議している。

日本の防衛省は月曜日、10 月 28 日、ロシア海軍のバルサム級哨戒艦が、本州の竜尾岬の西 160 キロの青森県地域を西に向かって航行しているのを発見したとの声明を発表した。 刊行物に掲載されている写真と船体番号により、船舶が特定された プリバルティカ (80) は、ロシア海軍の太平洋艦隊の一部です。 翌日、ロシア船はシュガーローフ海峡に向かって南東に航行し、竜尾岬の西約80キロの海域で方向転換し、北西の日本海に向かった。 マインスイーパ JS 出島 (MSC-687) と本州の海上自衛隊八戸基地を拠点とする第 2 艦隊航空団の海上自衛隊 P-3C オリオン MPA が、ロシア艦艇を追跡するために解放されました。

一方、数隻の海軍艦艇は、日曜日に坂見湾で開催される海上自衛隊の国際観艦式 (IFR) のために横須賀に停泊しています。 オーストラリア、ブルネイ、カナダ、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、パキスタン、シンガポール、タイ、英国、米国には IFR があります。 米国の参加の詳細はまだ発表されていませんが、船のスポッターによると、次の船のリストが現在横須賀に停泊しています。

https://twitter.com/US7thFleet/status/1587711061326716933

  • オーストラリア:駆逐艦HMAS ホバート (DDG39)、戦艦HMAS アルンダ (FFH151)と潜水艦HMAS ファーンコム (SSG74)
  • ブルネイ: 海洋巡視船 KDB だるるさん (07)
  • カナダ: フリゲートHMCS バンクーバー (FFH331)とHMCS ウィニペグ (FFH338)
  • インド:軍艦INS シバリク (F47) とコルベット INS カモルタ (P28)
  • インドネシア:コルベットKRI ディボネコロ (365)
  • マレーシア:次世代哨戒艦KD 移動した (PV175)
  • ニュージーランド:補給船HMNZS アオテアロア (A11)
  • パキスタン:戦艦PNS シャムシャー (FFG-252) および補完船 PNS ナセル (A47)
  • 大韓民国:高速戦闘支援艦 ROKS 朝陽 (AOE-51)
  • タイ:フリゲートHTMS ブミポン・アトゥリャテージ (FFG471)
  • シンガポール: 戦艦RSS 強い (68)

イギリスの巡視船HMAS タマル (P233) 海軍視察に参加。 潜水艦 ファーンコム オーストラリアのメディアの報道によると、潜水艦はもともと夏にハワイで行われる環太平洋演習に参加する予定だったが、メンテナンスの問題により潜水艦はテストに参加できなかった. 潜水艦はリムパックの終わりにハワイに配備され、日本に向かう前にそこで二国間演習を行った.

最近、数隻の船がインド太平洋地域に派遣されています。 USCGC ミゼット (WMSL-757) は、8 月に始まった西太平洋への 83 日間、16,000 海里の展開の後、月曜日にホノルルに帰国しました。 戦術統制下で運用された国防カッター 米海軍第 7 艦隊によると、沿岸警備隊のニュース リリース.

ミゼット’乗組員は、フィリピン沿岸警備隊、シンガポール海上保安対応小隊、情報融合センター、警察沿岸警備隊、インド沿岸警備隊、モルディブ国防など、海軍の同盟国やパートナーとのいくつかの協力的な関与、専門家の交流、能力構築の取り組みに着手しました。 軍。” リリースは言う。

USS シカゴ (SSN 721) は、米国第 7 艦隊に就役した後、2022 年 11 月 2 日にパール ハーバー ヒッカム統合基地に戻ります。 米海軍の写真

水曜日、U.S. シカゴ (SSN-721) 返却 3 月 28 日に開始された 7 か月間の展開後のパール ハーバー ヒッカム統合基地. 米海軍のニュースリリースによると、これは潜水艦の最終配備であり、37 年間の就役後 2023 年に予定されています。

READ  東京のTiyagiショップでは、伝統的な日本のスナックのベジタリアンバージョンを初めて提供しています