7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京ゲンタイの売り上げ低迷で日本の台頭には時間がかかる

東京ゲンタイの売り上げ低迷で日本の台頭には時間がかかる

徐寧、人生、 、2024年。 キャンバスに油彩。 提供:東京研大小山登美夫ギャラリー(花「花」)

第 2 回東京原体は昨日(7 月 7 日)閉幕し、多くの参加者と混雑した VIP とプレスプレビューでエキサイティングなスタートを切ったにもかかわらず、国内外の出展者はまちまちの結果を報告しました。 関係者全員にとってやや残念ではありますが、これをより広範なアート界の瞬間の一部として捉えることができます。同じ日、アート モンテカルロの売り上げは低迷したとディーラーはオブザーバー紙に伝えました。 現在の状況は、現代アート市場のペースが変化していることを意味しています。 もしそうなら、ヨーロッパや米国が最近気づいたかもしれないように、さらなる成長につながる可能性のある未開発の機会がどこにあるかを観察し、市場がより飽和していて困難になっている場所を特定することは非常に興味深いです。

東京原体開幕前夜のカクテルレセプションで、同フェアの共同創設者でArtSGとアート台北の共同創設者であるマグナス・レンフルー氏はオブザーバーに対し、アートフェアが日本のアートシーンで大きな役割を果たしていると語った。 地元の才能を紹介し、さらに重要なことに、地元の観客をよりグローバルなアートシーンに紹介し、教育するための、より国際的なプラットフォームです。 確かに時間がかかるものですね。

額高光太郎やSCAIなどの著名なギャラリーが集まる新しいアートエリアTERRADA ART COMPLEXのオープニングセレモニーで、新しいオークションの若手スペシャリストである亀山雄一郎氏に現地の視点を聞く機会を得た。日本の芸術。 画面。 同氏はオブザーバー紙に対し、彼らのカレンダーは多忙で多忙であると語り、モダンとコンテンポラリーの年3回のオークションは常に活発な入札を集めており、アジア全域に世界的な商品を導入しようとしていると付け加えた。 アート展示。 一方、東京ウォーターフロントの新たな開発プロジェクトであるテノス地区は、最近、テラダの支援により初のアートウィークを開催した。

こちらもご覧ください: アーティストのアリソン・サールがパリでオリンピック彫刻を制作したことについて語る

以前に報告したように、東京ゲンタイのオープニングは非常に良かった。通路全体で、高橋龍太郎、田口美和、森佳子を含む国内有数のコレクターを見つけることができた。 福武秀樹、大林健夫、ハワード、シンディ・ラチョフスキー、竹内真、笹川直子。 それがすぐに売り上げにつながらなかったとしても、これが今日のアジアや他の地域のアートフェアで広まっている力学になると予想してください。

いくつかのギャラリーのディーラーは、急速に成長している区画である橋本智成による陶芸彫刻(推定2,500ドルから5,000ドル)や、THE PILL®(イスタンブール)によるメキシコ人アーティスト、ホセ・ダビラの作品3点など、いくつかの注目すべき売上を報告した。 プレビュー中に販売します。 地元の有力企業、額高光太郎(東京)は日曜日までに、日本人ビジュアルアーティストの松山智一による大型作品を含む12点の作品を販売した。 優しい言葉を汚して 各モダン(台湾)は 5 人のアーティストの作品を中国、日本、ヨーロッパのコレクターに販売し、販売価格は 3,200 ドルから 43,000 ドルの範囲でした。 中小規模のギャラリーも売上を報告しており、レトロ・アフリカ(ナイジェリア)は、複数の賞を受賞したナイジェリア人アーティスト、サミュエル・ノーロムの彫刻タペストリー2点を含む5点の作品を日本のコレクターに1万ドルと1万7千ドルで販売した。 アイランド(東京、アダミ)のハルガイトの作品25点が3,110ドルから9,331ドルで落札された。

上海を拠点とするナンKギャラリーのオットー・ノイ氏など他の出展者は、一部のディーラーは内覧会に何も出品できず、週末は動きが鈍かったとオブザーバー紙に語った。 東京のBLUM(ロサンゼルス、ニューヨーク、東京)のディレクター、メアリー・イマイ・コバヤシ氏は、「このフェアは、地元の新しいコレクターと出会う素晴らしい機会を彼らに与えてくれる」と語る。 ただし、すべては何を持ってくるか、そしてそれをどのように提示するかによって異なります。少なくとも小さな作品が、厳選されたオットー ニウのブースにある程度のスペースを作りました。 一方、バエズはソフトオープンを祝い、アメリカ人アーティスト、ロバート・ロンゴの数点の作品を30万ドル台に設定し、最終的に展覧会の中で最も高価な作品の一部となった(最高価格は約75万ドル)。

彫刻と彫刻を備えたベースギャラリーの展示風景彫刻と彫刻を備えたベースギャラリーの展示風景
Tokyo Gentai Base Tokyoのチームインスタレーション。 ペースギャラリー提供

長年東京に拠点を置き、地元市場を開拓してきたブルーム氏は、オブザーバーが通りかかったとき、地元の来場者たちと流暢な日本語でおしゃべりしていた。 その後、ギャラリーの代表者は、初日に最高の作品の一つを展示することを認めた。18万ドルの見事な奈良美智作品のほか、5桁、6桁の価格帯の他の作品も展示されるという。 同ギャラリーは、岡崎乾二郎の2024年のキャンバス作品を16万ドルで販売したとも報告した。

最終的には他の成果も得られ、日曜日にはスンダラム・タゴール・ギャラリー(ニューヨーク)が千住博の作品3点を販売した。 色の滝、2024年、385,000ドルから570,000ドルで販売されました。 小山登美夫ギャラリー(東京)の「花」コーナーでは、北京のアーティスト、徐寧の作品が完売しました。 Keteler Gallery (ベルギー) は、Lois Weinberger というタイトルの象徴的な作品の最終版を販売しました。 植物を超えた存在は植物と一体である、ドキュメントX、1997年、フランス系日本人コレクターに譲渡、価格は約3万ユーロ。 額高光太郎(東京)は会期中、日本人ビジュアルアーティストの松山智一による大型作品を含む12点の作品を販売した。 優しい言葉を汚して2024年、各モダン(台湾)は5人のアーティストの作品を中国、日本、ヨーロッパのコレクターに3,200ドルから43,000ドルの価格で販売した。

しばらく日本の街にあった別の国際的なギャラリー、ファーガス・マキャフリーは、バーゼルに滞在しており、現在ギャラリーで展示されている博物館品質のアンセルム・キーファー展に焦点を当てたいと考えていたため、今年は参加しませんでした。 ただし、フェアの質と参加者数の両方が増加していることから、来年の参加を検討する可能性があります。 一方、見本市に参加する別のフランスのギャラリーであるセイソン&ベネティエールは昨年2月、東京の蔵銀座タワーの3,500平方フィートのスペースにアジア初の拠点をオープンすると発表し、ペロタンはピラミッド複合施設に追加のスペースをオープンした。 。 、ペロタンサロンペローの創設者エマニュエル・ペロタン氏は声明で「日本美術はシーン内での会話を刺激するだけでなく、ギャラリー全体にも刺激を与える」と述べた。

現在、購入者は一般的により慎重になっており、少なくとも最近の歴史では日本のコレクターも同様ですが、それは経済的な警戒以上のものです。 若いコレクターは買い物をするときにジェンダー、アイデンティティ、政治の問題を考慮する傾向が高い一方で、本当に心に響く高品質の作品についてはあまり躊躇しないかもしれません。 しかし、いずれにせよ、コレクターは東京原体ではまだ実務を離れており、依然として購入しています(特に中国本土から訪れるかなりの数のコレクター)。

東京ゲンタイのペローギャラリーブースの様子東京ゲンタイのペローギャラリーブースの様子
ペロティンは東京原体 2024 にイェンス・ファンジ、ジョン・ヘンダーソン、ティロ・ハインツマン、セイニ・エヴァ・カマラの作品を持ち込みました。 小宮山桂

それに比べて、アジア地域の美術愛好家は同じように逆方向のアート バーゼルに旅行しますが、フェア終了後に訪れることができる主要な美術館は 2 ~ 3 か所だけです。 また、彼らのコンテンポラリー展示プログラムを見ても、アジアの首都の一部が破壊的な方法でグローバルコンテンポラリーを提供しようとしているほどダイナミックでエキサイティングな感じはしない。 特に日本での展覧会の質は、より世界的な交流の観点から近現代美術の歴史を描きながら、アート市場の地図に戻るために必要なことは何でもするというこの国の意欲を示しています。

一方、税制は、特に海外投資や世界貿易に関して、その国に確かな市場機会があるかどうかを判断する上で常に重要な要素です。 昨年、日本は美術品の輸入に重大な(そして必要な)変更を加え、ギャラリーが市場に参入しやすくした。ゼンタイなど販売目的で日本に輸入されるすべての美術品は現在、「保税ステータス」の対象となっており、ディーラーは保証料を支払うことになる。販売した場合にのみ輸入税が 10 パーセントかかりますが、国際的な中小規模のギャラリーに必要な投資は大幅に削減され、送料と妥当な参加費はすでにフリーズやアートなどの世界的なギャラリーと比べて最低水準 (約 20,000 ドル) です。バーゼル 新しい方針により、メガ ギャラリー ベースは日本の首都の麻舞台ヒルズの未来的な高級複合施設内に中心的な場所をオープンすることになるはずでした。

東京ゲンタイのペース・ギャラリーで発表されたロバート・ロンゴの紙に描かれた白黒作品のインスタレーション風景。東京ゲンタイのペース・ギャラリーで発表されたロバート・ロンゴの紙に描かれた白黒作品のインスタレーション風景。
ペースギャラリーの東京ゼンタイ2024ブースにおけるロバート・ロンゴの作品の展示風景。 © Robert Longo / Artists Rights Society (ARS)、ニューヨーク 写真: Yulia Skoreva、提供: Pace Gallery

一方、レンフルー氏が先日オブザーバー紙に語ったように、東京ゲンタイのこの最新版は、アートフェアのカレンダー上でよりアクセスしやすい日程への移行を後押しするのに十分かもしれない。おそらく、この地域にさらに多くの人々を呼び込むために別の親密な展覧会と組み合わせるのかもしれない。 。 実際、7月8日に発行されたプレスリリースでは、次回の東京ゼンタイは2025年9月12日から14日まで開催され、9月11日(フリーズソウルの翌週)にはVIPプレビューとヴェルニサージュが開催されることが明らかになった。移動されました)。

マーク・クリムザー氏はオブザーバー紙への声明で、「東京原体は、日本で最も重要なコレクターやキュレーターを一堂に集める非常に効果的な触媒となった。私たちに集まって祝う機会を与えてくれた」と述べた。 「ローカル コレクションのブースを完売させて週を終えることができてうれしく思います。」 何よりも、東京ゼンタイのようなイベントは、アメリカ/ヨーロッパのバブルから抜け出し、現在アートの世界的な地理に参入または復帰しようとしている他の国の視点や力学について考えることを私たちに強います。

日本がその潜在力を認識するにつれ、東京原体での売り上げ低迷は苦戦となるだろう

READ  日本を訪れていますか? エノバ ボタニカル リトリートはユニークな贅沢な体験を提供します