9月 25, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東日本ポークファームは、一日中豚肉を購入するための肉自動販売機をリリースします

近藤豚の新設自動販売機と近藤孝行社長が2021年11月29日に前橋で発見。 (毎日/瀬尾直道)

馬橋-東日本にある養豚場で、店の前に肉の自動販売機を設置してから、人気の地元の豚肉製品を24時間配達しています。

11月29日、国馬県都メイバシの近藤豚豚本店の外に自動販売機が設置され、11行目で日本語で「いにく」と発音できることから「お肉の日」と呼ばれています。と29-英語で「おいしい肉」。

近くの赤木山のキャンピングカーのニーズに応えるソーセージ、豚肉、バーベキューセットなど、8種類の商品を700円(約6.20ドル)から1,950円(約17.20ドル)で販売しています。

同社は約3,000頭の豚を飼育しており、2014年から通販やイベントでベーコンに含まれていないソーセージなどの商品を届けています。 2016年からファサードで商品を販売していますが、火曜日と金曜日のみの営業となります。 スタッフは毎日豚の給餌と派遣に忙しい。

火曜日と金曜日の店舗の住宅販売や全国の自動販売機への問い合わせにより、同社はさまざまな食品を販売するコロナウイルスの流行の中で、摂氏マイナス20度の凍結融解機を導入するようになりました。

近藤孝行社長(43)は、「お客様はいつでも商品を購入できます。美味しい地元の豚肉を楽しんでいただければ幸いです」と語った。

(日本のオリジナルのセヌ直道、馬橋局)

READ  日本の豆腐の味はブランドによって異なりますか? 私たちはすべてのスーパーマーケットの種類を見つけようとします