9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

株式先物はFRBの予想される利上げに先立って決済されました

株式先物はFRBの予想される利上げに先立って決済されました

株式先物は、水曜日の朝、連邦準備理事会による次の利上げの発表を楽しみにしていたため、弱含みでした。

ダウ工業株平均と S&P 500 はほぼ横ばいでしたが、ナスダック 100 先物は 0.04% 上昇しました。

火曜日に株価が下がった 連邦公開市場委員会の初日。 ダウ工業株平均は 313.45 ポイント、または 1.01% 下落しました。 S&P 500 とナスダック総合は、それぞれ 1.13% と 0.95% 下落しました。

利回りも火曜日に跳ね上がりました。 2 年物米国債の利回りは 3.99% に上昇し、2007 年以来の最高水準となった。10 年物米国債の利回りは一時的に 3.6% に達し、2011 年以来の最高水準となった

投資家は、中央銀行が水曜日にそれらを提供することを期待しています 0.75%ポイントの3年連続の上昇で高インフレを抑える. 予想を上回る 8 月の CPI の読み値と FRB 指導者による利上げに関するタカ派的なコメントが株価を圧迫しました。

コメリカ・ウェルス・マネジメントのジョン・リンチ最高投資責任者(CIO)は火曜日のメモで、「6月の安値のテストに成功しなければ、株式市場が今年安値になるかどうかはわからない。 「確かに、最近の株価のテクニカルな弱さは、インフレとの戦いにおける金融政策立案者の決意に対処しなければなりません。」

同氏は、第 3 四半期の決算シーズンも、米国企業の利益率がさらに低下した場合、株価に逆風が加わる可能性があると付け加えました。

投資家は、Lennar、KB Homes、General Mills、Steelcase 水曜日の収益にも注目します。 既存の住宅販売も水曜日の朝に発表されます。

READ  クレディ・スイスが第2四半期に業績予想の修正を発行