4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

極寒の北海道でサーフィンとスノーボードを楽しむジェイミー・オブライエン

極寒の北海道でサーフィンとスノーボードを楽しむジェイミー・オブライエン





日本にはたくさんのビーチがあり、これまで考えられていたよりもたくさんのビーチがあることが最近わかりました。 2023 年には、A 国土地理院調査 日本にはこれまで考えられていたものの2倍の島があることが判明した。 1987年に完了した前回の調査では約6,852の島が推定されていたが、2023年の調査では約14,125の島が推定された。 それは たくさん サーフィンが中断される可能性があります。

ジェイミー・オブライエンの最新ビデオは、日本で 2 番目に大きい最北の島、北海道に彼を連れて行きます。 この地域は主にスノースポーツで知られているため、JOB 一行はスキークリップを置くためにニセコの花園リゾートに立ち寄りました。 「今日は美しいブルーバードの日ですが、嵐が来ています」とジェイミーはビデオの冒頭で言った。 「すべてが急速に変化する前に、素晴らしいショットをいくつか撮ろうとするつもりです。 雪がたくさん降るはずです。

もちろん、乗組員はそこで止まりませんでした。 ビーチは文字通り凍っていましたが、ビーチは彼らを呼びました。 ハワイの人々は、猛烈な寒さ(そして差し迫った吹雪にもはや歓迎されていない)に少し緊張しているようですが、バンに飛び乗り、北海道の海岸へ向かいました。

4 回の停留所を経て、ようやく休憩所を見つけました。それぞれの停留所では、前回よりもさらに壮観な景色が見られました。 最終的に、彼らが着地した空間は気性の荒い野獣であることが判明したが、それでも解決すべき点はあった。

そう、彼らの車は途中で幽霊を諦めることにしたのです。 寒さに悩まされているのは人間だけではありません。

READ  日本のホテルショコラは、伝統的なデザートとメザニンチョコレートドリンクの独自のセレクションをリリースしました