7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

欧州中央銀行の当局者は、上昇するインフレを抑えるために必要な「犠牲」について警告します

欧州中央銀行の当局者は、上昇するインフレを抑えるために必要な「犠牲」について警告します

欧州中央銀行(ECB)の当局者は、強力な対策を講じなければ物価の上昇が制御不能になるリスクがあると警告しており、これまでの金融引き締めよりもインフレを抑えるためには、より大きな「犠牲」が必要になると警告しています。

欧州中央銀行理事会のメンバーであるイザベル シュナーベルとフランス銀行総裁のフランソワ ヴィルロワ デ ギャロは土曜日、欧州の金融政策は長期間引き締めを維持すべきであると述べた。

米国ワイオミング州で開催された世界中の中央銀行家によるジャクソンホール会議での彼らの発言は、金曜日に 「続ける」ことを誓う インフレを鎮圧する。

物価上昇のペースは、多くの先進国で数十年にわたって見られなかったレベルにあります。

「インフレのグローバル化により、中央銀行が物価圧力をコントロールすることが難しくなるため、たとえ国内経済状況の変化により強く反応したとしても、中央銀行は1980年代に比べてより高い犠牲率を経験する可能性が高い」とシュナーベル氏は述べた。

犠牲率は、中央銀行がインフレを制御下に戻すために、弱い成長と雇用の減少という点でどれだけの苦痛を与える必要があるかを測定します。

ビレロイ総裁は、成長を助けたり抑制したりしない水準であるいわゆる中立金利を超えて金利を引き上げたいという中央銀行の願望に「疑いの余地はない」と述べた。 彼は、この率を 1 ~ 2 パーセントと見積もっています。 ビレロイ氏は、「年末までに」そのレベルに到達する可能性があると述べ、「私たちの使命を果たす意志と能力は無条件です」と付け加えた。

ユーロ圏のインフレ率は、水曜日に最新のデータが発表される 8 月までの 1 年間で 9% の新記録に達すると予想されています。

シュナーベル氏は、「インフレを速やかに目標に戻すという強い決意」を求めた。 彼女は、中央銀行が「過去1年半の間、私たちのほとんどが行ってきたように、永続的なインフレの重要性を軽視し、結果として政策の適応が遅れる場合、コストはかなりのものになる可能性がある」と付け加えた.

欧州中央銀行 先月、預金金利を 0.5 パーセント ポイント引き上げて以前のガイダンスを上回り、8 年間のマイナス金利に終止符を打ちました。 25 人の理事で構成される理事会の一部のメンバーは、9 月 8 日の会議で 0.75% の利上げを進めることを検討するよう求めています。

ドイツの元経済学教授で、2020 年初めに欧州中央銀行の理事会に加わったシュナーベル氏は、市場操作の責任者として、中央銀行の政治における最も影響力のある発言者の 1 人です。 また、「前例のないパイプラインの圧力、逼迫した労働市場、総供給に対する依然として残っている制約が、インフレのプロセスを助長する恐れがあり、私たちが行動に消極的であるほど、制御がますます難しくなる」と警告した。

シュナーベル氏によると、インフレ予想は公的およびプロの予測者の間で高まっており、その多くは、物価が欧州中央銀行の目標である 2% を数年にわたって上回り続けると予想しており、機関の信頼性が危うくなっていると付け加えた。

「期待に定着している現在の高インフレの可能性とコストの両方が、不快なほど高い」とシュナーベル氏は述べた。 「この環境では、中央銀行は積極的に行動する必要があります。」

通常、欧州中央銀行の理事会の中道派であるビレロイ氏は、タカ派の口調を繰り返しました。 しかし、フランス中央銀行総裁は、来月の0.5%の利上げで十分だとまだ信じていることを示し、「9月にもう1つの重要なステップ」を支持すると述べた。

コメントは、パウエルのコメントの翌日に来ます 期待をリセット 連邦準備制度理事会(FRB)が供給だけでなく過剰な需要に関連する要因によって引き起こされる過度の価格圧力に取り組む中、米国の金利を引き上げる必要がある金額と期間について。

米中央銀行の総裁は、経済を落ち着かせる努力には、低成長の「持続的な期間」、労働市場の弱体化、家計や企業の「いくらかの痛み」が必要になる可能性が高いと警告した。

ECB のカウンターパートと同様に、パウエル議長は、現在インフレを首尾よく抑制できなければ、後でコストの上昇につながると述べており、FRB が引き締めサイクルをすぐに停止する可能性は低いことを示唆しています。

対照的に、日本銀行の黒田東彦総裁は、ジャクソンホールパネルの質疑応答セクションで聴衆から語り、日本が積極的に金融政策を引き締めていない理由を説明した.

「賃金と物価が安定的かつ持続的に上昇するまで、金融緩和を続けるしかない」と述べた。 黒田氏は、日本のインフレ率は今年末までに 3% に近づき、来年は 1.5% 程度まで減速すると予想しています。

READ  イーロン・マスク:ツイッターの取引「一時停止」