9月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

毛沢東の人気の「赤旗」車は、日本で新しい聴衆を求めています

豪華な紅旗モデルを使用してコミュニティパーティーの毛沢東会長を輸送した自動車メーカーである中国第一汽車集団は、国内に非常に忠実な市場を開拓しようとして、日本で最初のショールームを開設し、日本で新しい視聴者に賭けていますブランド。

紅旗(「赤旗」を意味する)のディーラーは先月大阪にオープンし、日本に住む中国人に行きましたが、これまでに22台の車が販売されました、とディーラーの幹部であるLiWangは金曜日に言いました。 FAWの最も人気のあるモデルであるH9は、1500万円(13万ドル)もの費用がかかります。

「紅旗は特別で、単なる車ではありません」と、特に多くの中国人にとって、李氏は語った。 日本には約787,000人の中国人居住者がおり、移民全体の4分の1以上を占めています。 大阪は特に多様なコミュニティで知られています。

これまでの中国以外のHongqiの主な市場は中東とヨーロッパでしたが、FAWは、少なくとも最初は、日本の裕福な中国人をターゲットにしようとしています。 外国の乗用車は市場のわずか7%を占めており、トヨタ自動車のような強力な国内プレーヤーによって支配されています。 と日産自動車。

大阪のディーラーは現在、ハイブリッドを含む4つのモデルを提供しています。 今年はフル電動SUVのラインナップが充実し、東京の高級銀座地区に紅旗のアウトレットがもう1つ予定されています。 最も高価なモデルであるL5は1億6000万円から。

日本に中国製の車がない理由の1つは、安全性、排出ガス、騒音の基準が異なることです。 国連欧州経済委員会は、日本への自動車の輸出に厳しい規制を設けており、欧州の自動車メーカーとは異なり、中国はその一部ではありません。

ブルームバーグインテリジェンスのアナリスト、吉田竜夫氏は、日本での中国車の販売は「非常に限られている」と語った。 トヨタのレクサスといくつかのドイツのブランドははるかに人気のあるプレミアムの選択肢であると彼は言った。

政治的緊張も売り上げを抑えていますが、日本が2050年までにカーボンニュートラルに到達しようと努力しているため、それはゆっくりと変化しています。 ますます多くの中国の自動車メーカーが、コストを下げたい物流会社を支援するために、商用の電気配達用バンを日本に送っています。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  クランチタイム:日本の「奇跡」スナックは、数十年後に最初の値上げを取得します