4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

民主党に投票するユダヤ人に対するトランプ大統領の発言が怒りを引き起こす

民主党に投票するユダヤ人に対するトランプ大統領の発言が怒りを引き起こす

ニューヨーク – ドナルド・トランプ前大統領は月曜日、民主党に投票するユダヤ人を「イスラエルを憎んでいる」「自分たちの宗教を憎んでいる」と非難し、ホワイトハウスとユダヤ人指導者らから激しい批判の嵐を引き起こした。

トランプ大統領はインタビューでこのことについて尋ねられた イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相に対する民主党の批判が高まっている 彼の対応について ガザでの戦争 民間人の死者数が増え続ける中。

トランプ大統領は元側近セバスティアン・ゴルカ氏に対し、「実際、彼らはイスラエルを憎んでいると思う」と応じた。 「彼らはイスラエルを憎んでいると思います。民主党はイスラエルを憎んでいます。」

先週共和党の党首に就任したトランプ氏 推定候補者さらに、「民主党に投票するユダヤ人は皆、自分たちの宗教を憎んでいる。彼らはイスラエルのすべてを憎んでいる。イスラエルは滅ぼされるのだから、恥じるべきだ」と続けた。

これらの発言は、ホワイトハウス、バイデン大統領陣営、ユダヤ人指導者らから即座に反発を引き起こした。

アメリカのユダヤ人の大多数は自分たちを民主党員だと考えているが、トランプ大統領はしばしばそうしていた 彼女は彼らを不誠実であると非難した、批評家が反ユダヤ主義の比喩であると言うものを永続させます。

ホワイトハウスでアンドリュー・ベイツ報道官は、トランプ大統領の名前には言及せずに、このコメントを「卑劣で卑劣な反ユダヤ主義的なレトリック」と表現した。

「ホロコースト以来最悪のユダヤ人への攻撃を含め、反ユダヤ主義の犯罪や憎悪行為が世界中で増加している中、指導者には憎しみをありのままと呼び、それに対抗する米国民を団結させる義務がある」と同氏は述べた。 「国民を脅かす有害で誤った固定観念を広めることを正当化する正当な理由はない。何もない。」

バイデン氏の陣営は「ここで恥じるべき唯一の人物はドナルド・トランプ氏だ」と述べた。

ジェームズ・シンガー報道官は、「トランプ氏は来年11月にも敗北するだろう。なぜなら、米国人は彼の憎しみに満ちた憤り、個人攻撃、過激派の政策にうんざりしているからだ」と述べた。

名誉毀損防止連盟の代表ジョナサン・グリーンブラット氏は、「特定の政党に投票するかもしれないという理由でユダヤ人が自分たちの宗教を嫌っていると非難するのは中傷であり、明らかな嘘だ」と述べた。

同氏は、「米国とイスラエルの歴史的な同盟を重視する真剣な指導者は、イスラエル国家を弱体化させるのではなく、超党派の支持を強化することに注力すべきだ」と、以前はツイッターとして知られていたXに書いた。

アメリカユダヤ民主評議会のヘイリー・ソイファー最高経営責任者(CEO)は、「またある日、大多数のアメリカユダヤ人を繰り返し中傷してきたドナルド・トランプ大統領から、また常軌を逸した反ユダヤ主義的発言が行われた」と述べ、「彼は2019年に初めて我々を『無知か不誠実』と呼んだ」と語った。基本的に今日もそれを繰り返しましたが、その気持ちはお互いにあります。」

トランプ大統領のコメントは、バイデン政権がガザへの報復攻撃でイスラエルを支援していることを巡り、バイデン氏が党進歩派からの圧力の高まりに直面している中で出された。 保健省によると、ハマス支配地域ではハマスが10月7日にイスラエルを攻撃して以来、3万人以上のパレスチナ人が殺害された。

バイデン氏はイスラエルが自国を守る権利を支持し続ける一方、ネタニヤフ首相への批判を強めている。 後 彼の一般教書演説彼は、イスラエルの指導者と「イエスのところに来て」会話する必要があると語った。 また、ネタニヤフ首相は「イスラエルを助けるというよりも、イスラエルに害を与えている」と非難し、「講じられた措置の結果失われる罪のない命にもっと注意を払うべきだ」と述べた。

大統領とネタニヤフ首相は月曜日、1カ月以上ぶりに会談した。 ホワイトハウスは、バイデン氏が「イスラエルがラファで大規模な地上作戦を実施する可能性について深い懸念を繰り返した。ラファでは現在、北部での戦闘から逃れた避難民100万人以上が避難所を求めている」と発表した。 ホワイトハウスのジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)によると、ネタニヤフ首相はまた、ラファ作戦の可能性についてバイデン政権当局者らと話し合うため、イスラエル当局者のチームをワシントンに派遣することに同意した。

トランプ大統領は、ユダヤ人選出で全米最高位の役人であるチャック・シューマー上院多数党院内総務の最近の発言を特に問題視した。 シューマー氏は先週の演説で、ガザ戦争へのネタニヤフ首相の対応を強く批判し、民間人の犠牲者が世界中でイスラエルの地位を傷つけていると警告した。 同氏はまた、イスラエルに対し新たな選挙を実施するよう求めた。

ホワイトハウスはシューマー氏のコメントから正式に距離を置いたが、民主党指導者で重要な同盟国であるシューマー氏はバイデン氏の政権に対する意見を強めている。

長年のイスラエル支持者であるシューマー氏は、トランプ氏が「今は非常に反イスラエル的」だと非難したが、これに応じてトランプ氏が「非常に党派的で憎しみに満ちた発言をしている」と非難した。

「イスラエルを党派問題にすることは、イスラエルとアメリカとイスラエルの関係を損なうだけだ」と彼はXに書いた。

ピュー・リサーチ・センターは2021年、ユダヤ人は「米国で最もリベラルで民主党的なグループの一つ」であり、ユダヤ人の成人10人中7人が民主党に共感するか、民主党に傾いていると報告した。 2020年には、アメリカのユダヤ人のほぼ4分の3がトランプ大統領としてのパフォーマンスを不支持であり、トランプ氏を好意的に評価したのはわずか27%であることが判明した。

AP通信とNORC広報研究センターが実施した世論調査によると、米国人はガザでのイスラエル軍事作戦にも不満を募らせている。 1月にはアメリカ成人の50%が、ガザ地区におけるイスラエルの軍事対応は行き過ぎだと答えたが、11月には40%だった。

この数字は民主党の方が高く、両方の世論調査で10人中6人が同じと答えた。

READ  クリミア橋の取引での爆発はロシアの戦争努力を指示する:ウクライナの最新ニュース